毎日の生活や、旅の仕事を書いた日記です。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

お待たせしました。


☆MERRY X'MAS ☆ 

普段は行く事が少ない北ドイツのツアーです。
北ドイツのクリスマスマーケットツアーに行ってきました。
お客様15名様。
皆様、西のドイツには何回か来た事あると。北は初めてとおっしゃってた。



この記事は、とても長くなるけど見て頂けたら嬉しいです。
寒い日は-10度もありました。



明日24日からトルコツアーに行ってます。(T.T)




ヴァルトブルク城。

中世の伝説であるタンホイザー伝承で歌合戦の舞台となった。
歌合戦とは、12世紀のテューリンゲン方伯ヘルマン1世の時代に、この城の広間で盛んに行われた
歌による合戦で、後に13世紀に入って「ヴァルトブルクの歌合戦」の題で歌集が編纂された。
簡略に「歌合戦」と呼ばれる事もある。


2012年12月06日_IMG_0227_R

2012年12月06日_IMG_0226_R


修復中の歌合戦の間。特別に見せて頂いた。
受付でカメラ券代5ユーロを払うと城内の写真が撮れる。(ノーフラッシュ)

2012年12月06日_IMG_0228_R



アイゼナハの町
マルティン ルターの家。




ヨハン セバスチャン バッハの家。
右側のコンクリートは新館。博物館。





宜しかったらクリックをお願い致します (><)










ワイマールの町。
ここは、ツアーでも良く行く町です。

ヴァイマル憲法は、第一次世界大戦敗北を契機として勃発したドイツ革命によって、
帝政ドイツが崩壊した後に制定されたドイツ国の共和制憲法です。

ドイツのクリスマスの飾りは参考になる。
サンタさんもディスプレイーもユニークです。









ワイマール市庁舎。




デモクラシー広場にスケートリンクが設置してありました。

2012年12月06日_IMG_0236_R




ライプツィヒの町。

バッハの墓。トーマス教会内の内陣にあります。
バッハが1723年から65歳で亡くなる1750年までの間、合唱団指揮者兼オルガニストとして務めたのが
トーマス教会。

ミサの始まる前に秒殺で撮ったからぶれてます・・・(^^;)


2012年12月06日_IMG_0237_R






高級ショッピングモールMädler-Passage







1525年、ライプツィヒ旧市街の中心にあるMädler-PassageにAuerbachs Kellerが創業しました。
アウアーバッハスケラー

ゲーテのファウストの作品の舞台になりました。

あるアメリカの調査によるとAuerbachs Kellerは、世界で最も有名なレストラン・ベスト10の
第5位にランクインしています。
1.Münchner Hofbräuhaus (ミュンヘン、ドイツ)
2.Caesar´s Palace (ラスベガス、アメリカ)
3.Café Sacher (ウィーン、オーストリア)
4.Hard Rock Café (ラスベガス、アメリカ)
5.Auerbachs Keller (ライプツィヒ、ドイツ)






レストランは予約で満席。



翻訳した森鴎外。

軍医としてドイツ留学中の森鴎外(1862〜1922)も1885年12月27日、
このAuerbachs Kellerを訪れました。
ここで鴎外はゲーテの『ファウスト』を日本語へ翻訳することを決心します。
森鴎外の偉業を記念し、大地下室レストランには2009年、幅3.16m、高さ1.8mの壁画が
描かれることとなりました






ライプツィヒのホテル。







2012年12月06日_IMG_0241_R


ホテル近くにモールあり。
ホテルのフロントに聞いたら夜の10時までやってるというので行ってみました。

2012年12月06日_IMG_0242_R

これはスーパーの中のクリスマスグッズコーナーの一部です。
盛りだくさんでした。

2012年12月06日_IMG_0243_R

2012年12月06日_IMG_0245_R

エスカレーターの間の商品も売り物。

2012年12月06日_IMG_0248_R


2012年12月06日_IMG_0249_R

ライプツィヒのホテル。

2012年12月07日_IMG_0251_R

ホテルの朝食

2012年12月07日_IMG_0252_R

2012年12月07日_IMG_0257_R

2012年12月07日_IMG_0258_R

2012年12月07日_IMG_0259_R

2012年12月07日_IMG_0258_R

朝出発時は曇りでした。

2012年12月09日_IMG_0291_R


お城に着いたら晴れた。

2012年12月07日_IMG_0262_R


モーリッツブルク城。
内部はカメラ、ビデオ禁止だが1ユーロ払うと写真撮れる。

アウグスト強王の狩りのためのお城です。
もとはザクセン公モーリッツの猟館だったものを、1670年頃に王がベッペルマンに命じて
今のお城に建て替えさせました。




2012年12月07日_IMG_0263_R

2012年12月07日_IMG_0264_R


蒸気機関車

レスニッツグルント・バーン(Lößnitzgrundbahn)」という名の蒸気機関車。

この路線ができたのは1884年。誕生から120年以上も経つ歴史ある路線です。
当時から変わらないこの区間は全長16.6Kmで、途中11ヶ所の小さな停車駅があります。

今回は、モーリッツブルクから終点のラーデホイル駅まで乗りました。

2012年12月07日_IMG_0266_R

2012年12月07日_IMG_0267_R


2012年12月07日_IMG_0268_R



ドレスデン

ドイツ最古のクリスマスマーケット。







聖母教会とツリー







クリスマスマーケットでグリューワインを売るおじさん。
グリューワインは6ユーロですが、カップを返すと3ユーロ戻ります。



ケムニッツのホテル



2012年12月07日_IMG_0270_R

2012年12月08日_IMG_0271_R





ポツダムのレストラン。ラーツケラー。
レストランに入ったらサンタさんが座ってました。
思わず、のぞきこんじゃった・・・(^^;)



2012年12月08日_IMG_0273_R




サンスーシー宮殿。
プロイセン王国時代の1745年から1747年にかけて、フリードリヒ2世の命によって建てられた。
ヴォルテールが一時期滞在したことでも知られる。
フリードリヒ2世の「夏の離宮」として建てられたが、結果的にはここが居城となった。

2012年12月08日_IMG_0276_R

フリードリヒ2世はジャガイモ普及に尽力したことで有名なのでお墓の上に、じゃがいも。。

2012年12月08日_IMG_0277_R

2012年12月08日_IMG_0275_R


ポツダムのクリスマスマーケット

2012年12月08日_IMG_0278_R

2012年12月08日_IMG_0280_R



ベルリン、ブランデンブルク門とツリー。







町も、この時期はイルミネーションが綺麗。



ベルリンのクリスマスマーケット。
ドイツの都市は、どこでも何か所かでクリスマスマーケットをやってます。











ホテルの入り口の回転ドア。
アンぺルマンが~。アンぺルマンとは旧東ドイツの信号機のキャラで、その可愛さから今は人気爆発中。

2012年12月08日_IMG_0283_R

東ドイツを中心に、北ドイツ、最近では西ドイツでも歩行者信号機はアンぺルマンです。

f0212579_18241510.jpg


シュベリーン城。

シュヴェリーン城の建設は1500年頃に始まり,19世紀に
メクレンブルク公フリードリヒ・フランツ2世の指揮により改装され現在の姿になりました。
フランスのシャンボール城を手本とした,華麗な装飾の塔をもつ城です。
内部でカメラを撮る時は、受付で3ユーロ払い、シールを胸につけると城内で写真撮れる。
玉座の間が有名です。

2012年12月09日_IMG_0289_R

ヴィスマールの町
北ドイツにあるバルト海に面した小さな港町です。

2012年12月09日_IMG_0292_R

2012年12月09日_IMG_0294_R

2012年12月09日_IMG_0297_R

2012年12月09日_IMG_0295_R


給水塔。1602年に建設され町に飲料水の供給をしていました。


2012年12月09日_IMG_0298_R

アルター・シュヴェーデ
町で一番古い建物で1380年に建てられたハンザの商館です。
19世紀にレストランとして改装されました。
スウェーデンおやじの店の意味があります。
ヴィスマールの町は、17世紀から19世紀まで、スウェーデン領でした。

2012年12月09日_IMG_0299_R

2012年12月09日_IMG_0300_R

レストランの中。

2012年12月09日_IMG_0302_R


リューベックの町。
中世に建てられた古いレンガ造りの建築物がたくさんあります。
ハンザ同盟の女王リューベックは、1143年に最初の「バルト海のヨーロッパの町」として建設され、
すべてのハンザ同盟加盟都市のすばらしい模範となりました。


ホルステン門。

15世紀後半、町の防衛のために建てられたもの。壁は3.5mもの厚さがあり、非常にどっしりとしています。
すでに建設中からその重みで地面の一部が沈み、門は傾いてしまってます。
今でも傾いてます。





塩の倉庫だった。今は、ショップ、カフェレストランなどが入っている。
クリスマスの時期だからイルミネーションが綺麗です。



リューベックの町のクリスマスマーケット。





クリスマスピラミッド。
ドレスデンが有名。







2012年12月09日_IMG_0303_R

2012年12月09日_IMG_0304_R













ハンザ同盟の栄華を物語るのが16Cのルネサンス様式の見事な階段がある市庁舎。



薬局屋さんにもサンタさん。




有名なマルチパン(マジパン)の店。

原材料のアーモンドはすでに13世紀に リューベックに輸入されていて、
当時めっぽう甘いお菓子のマジパンには、治療効果があると思われていました。
そのため16世紀には マジパン製造は薬局だけに限られていました。
貴族はすぐにその美味しさを知り、マジパンはデザートとして王侯貴族の食卓に乗るようになりました。
庶民にはこのお菓子は禁止されていましたが、幸いなことに今はそうではありません。(NHK世界遺産から抜粋)





ブレーメンの町。

ブレーメン市はニーダーザクセン州に取り囲まれています。

教会は聖ペトリ教会。
ブレーメンのクリスマスマーケット。



有名なブレーメン音楽隊。

グリム童話の物語の一編です。人間に捨てられ、あるいは食料にされようとした動物たちが
一致協力して自分たちの新生活を切り開いていく話になっています。


かつて働き者だったロバは年を取ってしまい、仕事が出来なくなってしまったので、
飼い主から虐待されるようになった。これはかなわんと脱走し、
ブレーメンに行って音楽隊に入ろうと考える。
その旅の途中で同じような境遇のイヌ、ネコ、ニワトリに次々に出会い、彼らはロバの提案に賛成し、
ブレーメンへと足を進めた。
泥棒を追い出すために窓の所でロバの上にイヌが乗り、イヌの上にネコが乗り、
ネコの上にニワトリが乗り、一斉に大声で鳴いたのです。
そして泥棒は立ち去り、皆で仲良く暮らしました。





2012年12月10日_IMG_0318_R


観光案内所にも、ぬいぐるみが売ってます。



町の広場にもブレーメン音楽隊。



クリスマスイルミネーションもブレーメン音楽隊。



ベトヒャー通り。マルクト広場から伸びるわずか100mの短い通り。





仕掛け時計。マイセンのカリヨン。12時、13時、15時。


















ブレーメン市庁舎




ブレーメン市庁舎

















デパートのディスプレィがオシャレ。

2012年12月10日_IMG_0310_R

2012年12月10日_IMG_0312_R

2012年12月10日_IMG_0311_R



市庁舎横のレストラン。
有名は15C創業のラーツケラー。ワインがいっぱいある。



2012年12月10日_IMG_0319_R

2012年12月10日_IMG_0321_R

2012年12月10日_IMG_0324_R

アップルジュース飲みました。(^^;)

2012年12月10日_IMG_0325_R








2012年12月10日_IMG_0315_R

2012年12月10日_IMG_0316_R











リューネブルクの町

ここで掘り出された岩塩は北のラウエンブルク、メルン、ラッツェブルクなどの町を通って
リューベックに運ばれました。 
この道は現在古い塩の道と呼ばれる観光ルートになっています。

クレーン。

イルメナウ川の港に残る14Cのクレーンは現存する数少ないもの。
かつてはこれで船荷を上げ下ろししていました。

2012年12月10日_IMG_0327_R

カウフハウス。
1745年に建てられた昔のニシン倉庫でした。

2012年12月10日_IMG_0326_R


2012年12月10日_IMG_0330_R

2012年12月10日_IMG_0331_R

リューネブルク市庁舎

2012年12月10日_IMG_0333_R

2012年12月10日_IMG_0342_R

2012年12月10日_IMG_0343_R

アム・ザンデ広場と、聖ヨハネス教会。

2012年12月10日_IMG_0344_R

2012年12月10日_IMG_0350_R


めがね屋さんのアヒル。ほしいっ!

2012年12月10日_IMG_0341_R


市庁舎もライトアップ。

2012年12月10日_IMG_0349_R


町で一番古い薬局屋。

2012年12月10日_IMG_0346_R



ハンブルクの町。

エルベ川にまたがる自由ハンザ都市ハンブルク 。
ヨーロッパ随一の港湾都市でありながら,広々としたアルスター湖や幾重にも張り巡らされた運河,
緑豊かな公園は,ドイツの他の都市にはない特有の景観を形作っています。
水の都と言われます。




ハンブルク市庁舎



空をソリに乗ったサンタが飛んでいました。





ニベアは、どこでも売ってますが、ニベアショップは、世界でハンブルク、ベルリン、ドバイの3店舗のみ。



2012年12月11日_IMG_0367_R























2012年12月10日_IMG_0363_R


ハンブルクのホテル。

2012年12月11日_IMG_0368_R


ハンブルク空港のラウンジ。
シュトーレン。





ハンブルク空港



和食屋



ハンブルクからフランクフルトへ。
フランクフルトの空港が大雪で少し待機。
FRから、どの便も雪の為、遅れていて、日本行きの便も遅れていたので間に会った。



FRA ETDが13:25でしたが、結局、14:15にDEPでした。汗。
さすがLH。乗り継ぎ時間が短かったのに、ロスバゲなしでした。

FRAのZターミナル。

2012年12月11日_IMG_0372_R



2012年12月11日_IMG_0373_R







ここまで長々と読んで下さり誠に有難うございました。

次回は、クリスマスin トルコツアーです。泣。


TKはwifi freeですから機内で更新できるか?どうか???



まだ、年内も旅日記更新します。トルコからです。



宜しかったらクリックをお願い致します (><)





関連記事