毎日の生活や、旅の仕事を書いた日記です。

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

日付は変わりましたが、昨日、ようやく日本に帰りました。
今回は、長く感じた。
同じコースなのに・・おかしいな。

今日は、トルコ清算と今度のドイツツアー1本目の打ち合わせがあります。
今回のトルコのお客さんは37名。
ドイツは31名です。



これでトルコツアーは完結編です。
もう当分・・・行きたくないな。

トルコという国は好きだし料理も良いし国民性も優しいし・・・
ネコ達、とても可愛いし好きなんだけど・・。

ただね、現地のスタッフの人間関係が・・・。
理由を書くと夢が壊れるから書かないけど・・胃が痛い。

でもなあ、格安になり集客が凄いからまたトルコツアー入っちゃうのかも。やだな。







良かったらクリック願いますm( )m

 








シェラトン・マスラックの朝食。

1 137_R


2/8は帰国日でしたが、夕方のフライトなのでオプションのボスヴォラス海峡クルーズでした。
お天気に恵まれ最高でした。
気温も16度で異常気象。日本の方が寒いね?


1 108_R

1 105_R

1 103_R


いつ来ても、ガラタ橋では釣りが盛ん。海流の関係で、けっこう釣れるらしい。

1 112_R

1 113_R

トルコ語で魚の名前を教えてくれたけど・・・理解不能でゴメンナサイ。

1 114_R

素敵な笑顔~

1 115_R


世界で一番短い地下鉄に乗車しました。
デュネルといいます。
本当に、あっという間に着きます。

1 123_R

1 127_R

1 121_R


イスティクラル通りの路面電車

1 128_R

イスティクラル通りのネコ その1

1 129_R

イスティクラル通りのネコ その2

あっち向いて

1 130_R

ホイ

1 131_R



帰りのTK50便の機内食。

1 175_R


機内で、ぐっすり寝てたら、お客様が私の席にいらした。
家内が具合が悪いから見てくれと言われ、即行、行く。

前々日から風邪の上に寒気がして吐いて顔色悪く、貧血気味。
ほぼ満席でしたが、緊急用の座席で横にしてもらう。
持病は、特にないという。
私は、心臓の弱い母の脈を、いつも測っていたので、お客さんの脈を測ってみた。
脈はOKでした。
多分、前日は、朝、4時起きでオプションのベリーダンスまで参加されてたので
疲労と風邪が重なり具合が悪くなったとは思いましたが、自分は医者でないので、
ちゃんと見てもらう為に機内でドクターコールをお願いしました。


そしたら、何と、うちのグループの中に看護師さんがいらした。
あのタイの方が看護師さんだったのだ。
すごく機内で面倒みてくれ、額につけると良い薬とか頂いた。
そしたら、お客さんは、持ち直してきた。
でも、自分では歩けないので成田到着近くになると成田に連絡出来るので
車椅子を手配できるのだ。←以前、2回手配した事がある。

成田に到着したらグランドスタッフが待機していて、その方と御主人様は車椅子で
ターンテーブルに来られた。
かなり気分が良くなられたようで、笑顔で「有難うござました!」とおっしゃってた。
成田では病院には行かず、成田までマイカーで来たので、ご主人様の運転で自宅に帰られるそうだ。



過去の話になりますが、その日も、日本帰国日でした。
パリを出発する時に、お客さんが心臓発作を起こしました。
お客さんはニトログリセリンをなめてた。

その時、エアフラでしたが、CAは必至に面倒見て下さり対応が早かった。
ドクターコールしたけど機内にはいなくて
機内に、救急車呼んだ事があります。
パリからドイツのフランクフルトまでの飛行は短いから、何とか大丈夫だと言われたけど
フランクフルトから日本までの長時間は危ないと言われました。
一旦、そのまま飛行機はパリを出発しました。
フランクフルトに着いたら、救急車が待機していて、機内にいた他の乗客は席で待機するように
アナウンスがあり、救急車の隊員さんが機内に入ってきて、最初に、そのお客様を担架で外へ運び、
そのまま救急車でドイツの病院へ。
その方のスーツケースは飛行機から下ろし、現地スタッフがケアする事になった事があります。


今回は大事に至らなくて良かった!



以前、ネットのニュース記事かで・・・
ドクターコールした時に、機内には、ちゃんとした器具はないし薬ないし、責任を負わせられるから
本当は、機内にお医者さんがいても自分から伝えないという記事を見ました。
それが本当か、どうか、(本当であってほしくないけど・・)わからないけど
その記事を見た時は、ショックでした。





偶然に空港で友人に会ったので、ホッとして、成田の例のとこで昼食をとった。
今日のスタッフメニュー。

1 176_R




これでトルコ編は完結です。
ここまで、いつも読んで下さり有難うございました。

今度はドイツ大周遊です。








良かったらクリック願いますm( )m

 








関連記事
コメント
この記事へのコメント
お疲れさんでーすv-411←あまりにも他人事のリアクション???

航空会社によっては、事前に「医者だよ」「看護師だよ」と申告してくれたら特典(マイル加算なんか?)を提供する。ってところもあるよね。
風邪気味のときの飛行機は辛いよね。
機内の空気は乾燥してるし気圧も低いから、一過性の航空中耳炎みたいになって目眩や吐き気がしたり、耳鳴りや頭痛がしたり。

新聞の広告なんかを見ていると、安いツアーはどうしてもハードスケジュールになりがちみたいだから、年齢制限を設けるとか、申し込みの時に「お客さん、お得なツアーですけど、かなーりハードですよ。」と説明した方が良いかもね。
ソウルや台北、香港マカオのツアーと、ヨーロッパ方面のツアーじゃ、比較にならないくらい移動距離も長いしね。
近所の呑み仲間の夫婦(65歳くらいかな?)も安いツアーでヨーロッパに行って、ヘロヘロになって帰って来たことがあるよ。
2011/02/10(木) 11:17 | URL | レンジでチン [ 編集]
レンジへ
知り合いのお医者さんも、専門医でもないし緊急な治療は大変だから
機内では自分の地位を伝えないというのが多いと聞いたよ。
マイルもらっても特典よりも訴訟をおこされる事が多いし、
日本到着後、すぐ帰れなくて拘束されるからと。

確かに風邪の時は辛いよね。
年齢制限は、ある程度はあるんだけど、最近のツアーは
若い人以外にも年金の方も同時に参加していて
大変だと思う。
比較的にトルコは他のツアーに比べ楽な方だけど、
それでも私でも辛いと思っちゃう。
トルコにドイツの勉強しようと資料を持っていて
何もしないで資料を持ち帰りましたv-409
2011/02/11(金) 11:27 | URL | げちゅ~ [ 編集]
はじめまして
大変なお仕事ですね。
今度トルコツアーに行く予定にしているものです。
無料Wi-Fiが充実してるというのは本当なんですねえ。
今回はiPhone4sで現地からブログ更新してみたいと思います。
また参考にさせていただきます。
2012/04/06(金) 13:01 | URL | KIKU [ 編集]
初めまして~
昔の記事はコメント欄を開放しているので
それを忘れててビックリしました。
コメント有難うございました。
今度、トルコに行かれるんですね。
本当にwifi freeのとこ多いですよ。
空港はラウンジでないとダメですが・・。
当時はiphone4s持ってなかったんですが
今は、持ってるので、海外から4sから更新する事もありますよ。

エンジョイしてきてくださいね~~~。
2012/04/07(土) 22:33 | URL | KIKUさんへ [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gechu.blog4.fc2.com/tb.php/631-0218266e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック