FC2ブログ
毎日の生活や、旅の仕事を書いた日記です。

好きなラジオ局

ブロとも一覧


アッサラームアライクム from おまーん

Dolce Vita Geolog

きらきら☆ワールドとは・・・

エクアドルの写真

~山の上から地の果て、水の中まで~

ぬか屋の徒然日記

NEWS


おすすめ


マクロミルへ登録
おこづかい収入に最適







天気予報



-天気予報コム- -FC2-

友達申請フォーム

この人とブロともになる

ドクターコール
2010-09-30 Thu 17:51
今回のロシアツアーの帰りの機内でドクターコールがあった。
ロシア語と英語と日本語で「機内で具合悪い人がおります。お医者さんは至急
声をかけて下さい」という機内放送がありました。

(ドクターコール=機内で具合が悪い人が出た場合に、機内にお医者様がいる場合があるので
呼び出してもらう事。お医者さんは、全世界のどこかで学会が開かれてる事が多いので、
お医者さんが飛行機に乗ってる確率は高い)


具合の悪い方が、うちのお客さんだったら大変なので、確認しに行ったら、
うちのお客さんは幸いにも元気だった。
すでに知らない女医さんが聴診器で、他のツアー客の具合の悪い人を診てました。
酸素吸入もしていた。

実は、今回のロシアツアーの私のお客さんの中にも医師がいました。
そして看護師さんもいました。2人は知り合いではないです。
看護師さんの素晴らしさは、母の入院中に良く知っていました。
メンバーの中に医師と看護師さんがそろってるのは心強いのでした。
(個人情報だから、私は、うちのメンバーの他の方には伝えなかったけど、
すでに医師が自ら喋ったようで、うちのお客さんは皆、メンバーの中に医師がいると
知っていたようだった。)

すでに見知らぬ女医さんが先に具合の悪い人を診ていて、うちのメンバーの医師は、
ビジネスクラスから移動して来たので、女医さんより遅れて来たのでした。
でも、その方をチラッと見ただけで大丈夫だと判断したようだった。
確かに、少ししたら、その方も快方に向かってた。

後で、うちのメンバーの医師に聞いたら
気圧の変化があると頭痛がする時があり、重い頭痛だと
酸素吸入が必要になるそうだと話していました。
どうりで見知らぬ女医さんが頭にスプレー(冷やす為?)をかけてた訳だ。

へぇ~そうなのかあ。


でもネットとか検索してると・・・

機内でのドクターコールの発生率は1000便あたりおよそ1便(国内線)
5便(国際線)程度であり、そのうち医師が手をあげた率はおよそ60%強だとの事。

聴診器もない、心電図もとれないのにどんな患者さんなのか?どの位の時間拘束されるのか?
パイロットに聞かれた時に、飛行を続けていいのかそれとも
近くの空港へ緊急着陸をすべきかの判断を委ねられるのか?自分の専門領域で対処できるのか?
機内にはどんな医療機器や薬があるのか?

うーん。

でもお医者様には見てもらいたい・・・。
見てもらうだけで安心というのもアリだと思うから。




過去に私のお客さんが具合が悪くなりドクターコールしたけど、お医者様はいらっしゃらなかった。
いらっしゃったのか、どうか、わからない
結局、救急車を呼んだ。


それが、この記事 


1997年5月21日

このツアーは、関西のお客様を、お連れして関空から飛び立ち、
イギリス(ロンドン)、ベルギー(ブリュッセル)、フランス(パリ)の8日間のツアーでした。
まず関空からロンドンに、NH(全日空)で飛び、ロンドンから、ユーロースター(列車)で
ベルギー(ブリュッセル)に行き、市内観光の後、翌日はブリュッセルからバスでブルージュの
日帰り観光です。その翌日は、ブリュッセルからバスで高速を3時間半走り、パリに到着しました。
パリでは市内観光、最終日の今日は、半日自由行動があり、夕方、全員で空港に向かいました。
パリからは、AF(エールフランス)でドイツのフランクフルトに行きます。そこで日本行きの
乗り継ぎ便NH(全日空)に乗り換え関空に行く予定となってます。

AF(エールフランス)の飛行機は、パリの空港を飛び立とうと滑走路に向かってました。
その時、私の後方席から、お客様が「添乗員さん!大変よ!すぐ来て!」と叫けんだのです。
最終離陸体制でしたが、私はシートベルトをはずし、声のする方へ走りよりましたら、
ご夫婦のお客様がいらっしゃって、そのご主人様が、心臓発作の持病があり、顔が青ざめて、
心臓発作を起こされて、息も途切れ途切れになってました。いつも旅をしてても、
その持病の心臓発作になった事はなく、症状がでたのは今回が初めてだそうです。
そのお客様は、念のために、ニトログリセリンを持ってきていて、緊急に舐めている状態でした。

(ニトログリセリン=狭心症の発作(主に心臓の部分に起こる胸痛)を予防します。ただし、
起こってしまった発作そのものをなおすものではないです。
ニトログリセリンは、冠状動脈(心臓のまわりを冠のように取り囲んで心臓に酸素と栄養を送っている
動脈)を強く広げる働きがある。また全身の静脈も広がり、心臓へかえってくる血液を少なくして
心臓の負担を減らす。発作を起こした時にニトログリセリンの錠剤を舌下に入れると、発作が治まる)

そして、客室乗務員(スチュワーデス)にこの事を告げましたら、直ちに、飛行機は、滑走路から離れ、
飛行機が駐機できるスペースの所に移動しました。
すぐに機内アナウンスで
「お客様の中に、お医者さんはいませんか?至急、知らせてください」とドクターコールをしてくれました。
(ドクターコール=機内で具合が悪い人が出た場合に、機内にお医者様がいる場合があるので
呼び出してもらう事。お医者さんは、全世界のどこかで学会が開かれてる事が多いので、
お医者さんが飛行機に乗ってる確率は高い)
しかし、残念ながら、今回はお医者様は乗っておらず、外から救急車を呼び、機内に救急隊員が
入ってきました。お客様の症状と、飲んでる薬の種類を確認して診察しました。
(具合が悪い人が、旅を続行したい場合には、お医者さんの許可がないと、機長でさえも、
飛行機を飛ばす事ができず、それに従うしかないのです。)
「この後の、ドイツ・フランクフルトまでの2時間以内のフライトなら体も持ちこたえられるが、
フランクフルトから日本行きの10時間のフライトには、この方の体が持ちこたえられる保証はないです」
との事でした。お客様は、ニトログリセリンを舐め、何とか発作はおさまってる状態でした。
それで、とりあえずドイツ・フランクフルト迄の許可がおりたので。この飛行機は、フランクフルトに
向けて出発しました。しかし、私は、発作のお客様がフランクフルト迄、大丈夫か、そして、
この時点で最初の出発時間より1時間遅延してます。次の全日空の飛行機に間に合うか・・・
不安を抱えてのフライトでした。

ようやく飛行機がフランクフルトに到着しましたら、「具合の悪い人を先におりてもらうので、
他の方は、しばらく待ってて下さい」と機内アナウンスがありました。
そのアナウンスが終わらないうちに、後方の飛行機のドアから救急隊員が乗ってきて、
担架でお客様を機外へタラップを使い降り、タラップの前に止まってる救急車に乗せ、
その方の奥様も同行して救急車は、サイレンを鳴らし病院へと走って行きました。
(本当は、飛行機はタラップでなく直接ゲートに横付けだったのですが患者さんを、
すぐに救急車に乗せる関係でタラップの階段を利用したそうです)

さて、私達グループはフランクフルトから、更にNH(全日空)で日本に帰らなければなりません。
時計を確認すると、すでに搭乗開始時間になってます。これから全日空の
チェックインカウンターに行き、飛行機のチェックインをしなければなりません。
ゲートには全日空のドイツ人の係員が待っていて、「急いでください」との事です。
私達は、走ってチェックインカウンターに行きました。そして私は、チェックインをしながら
とにかく急がなければいけませんので、まず席を割り当て搭乗券を、お客様に配り、
全日空の係員を先頭に、とにかく、お客様だけ先に、ゲートに行ってもらいました。

私は、まだ作業が残ってます。フランクフルトの病院に残していく、お客さんの為に
日本の旅行会社とロンドンにある手配会社に電話しました。
すぐにドイツ支部より日本語ができるアシスタントが病院に向かう事が決まりました。
そして、その2人のお客様のスーツケースを、飛行機からフランクフルトに置いていく為に、
お客様のクレームタグを探し、帰りの航空券もアシスタントに渡す手配をしました。
そして、ようやく飛行機のゲートに走りました。


   


関連記事

別窓 | 海外旅行・趣味 | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
<<9月の検索ワード | Twinkle, Little Star | 9/21発 ロシアツアー5・6・7日目 完結編>>
この記事のコメント
ス、スゴイ。
何が凄いって、添乗員さんが凄い。
げちゅ~さんは、本当に凄いですね。
O夫

読んでる途中から、息が苦しくなってきました
↑自分が苦しくなってどうする
海外ツアーに行く事があったら、添乗は
絶対げちゅ~さんがいいです!!
Oつま
2010-09-30 Thu 21:13 | URL | Oつがい #-[ 内容変更]
おはようさん

同じ心臓の持病がある者としていえば、本当に迷惑な話だよね。
口汚く言えば、「おまえはバカか!?」と思う。
心筋梗塞は突発的な症状だけど、狭心症などは発作が起こる前に、何らかの予兆というか、「何か心臓がおかしいぞ!」ってもんがあるんだよ。
気圧の変化が激しい飛行機に10数時間も乗れば、健康な人だって負担があるのに、自分の持病をちゃんと理解出来ないのかな?
出来るだけの脳味噌があれば、1週間だとか10日だとかのツアーなんかに参加しないよ。
まして、飛行機に10数時間も乗るような。

だから僕の場合は、国内でも海外でもツアーでは出掛けない。
他のお客さんや添乗員さんに迷惑掛けちゃうもんね。
全ては自己責任で。
国内でも、特に飛行機を使う旅行は極力避けたり、乗っても1時間半以内のフライト便に限るようにして、心臓に負担をかけないようにしているもの。
それに、1時間半以内のフライトなら、途中で緊急着陸して他のお客さんに迷惑掛けるようなことも無いと思うしね。
海外なら、直行便のソウルぐらいまでかな?

ニトロ、今は舌下錠よりスプレー式(ミオコールスプレー)が主流になっていて、舌下にスプレーします。
まるで口臭スプレーみたいに見えるかな?
これだと、本人が意識を失ったとしても、目にスプレー(粘膜)することでニトロの効能を発揮出来るのです。
ただ、これだと必ず手荷物検査で捕まっちゃうの。
国内の場合は、簡単に説明出来るんだけど、海外の場合は面倒臭い。
昔、フィリピン航空の機内で爆発があったとき、犯人は医療用ニトログリセリンを流用して爆弾を作ったらしいもんね。
僕も、気に入らないヤツが居ると、噴霧させながら火を付けて投げつけてやろうか!?と思うもん。
冗談冗談。
これだけじゃ、爆発しませんから(笑)
2010-10-01 Fri 07:17 | URL | レンジでチン #UfyZlRq6[ 内容変更]
良かったね。昔JLの機内に病人続出で床に5人くらい寝てた時がありました。(満席のため)あれで気流悪かったらどうなってたんだろうね。ほとんどのお客さん飲みすぎでした!
2010-10-01 Fri 09:56 | URL | おむすび #VSY0J1g6[ 内容変更]
>O夫さんへ
いやいやいや・・私など、まだまだで・・汗がでますv-404

>Oつまさんへ
この時は、必死な自分でした。
まだまだ未熟なので・・・汗がでますよぅv-356
2010-10-01 Fri 22:42 | URL | げちゅ~ #gGPgGGZg[ 内容変更]
うん、うちの母も心臓が悪かったので
迷惑かかるからと、ツアーでは海外に行かなかったなあ。
このツアーはハードだったから辛かったと
心臓が悲鳴をあげたのかもしれない・・。涙
今はスプレーなんだね。そうかあ。
今後の参考に、少しでも知識は
知っておきたいから教えてくれて有難う。
2010-10-01 Fri 22:46 | URL | げちゅ~ #gGPgGGZg[ 内容変更]
本当にお医者さんがいて良かったよ。
それにメンバーの中にいるのは安心するよね。
ええ?5人も倒れたの!?v-405
私は、過去にドクターコールは3回したよ。
一度に倒れたのは、MAX3人・・。
あの失神路線のシンガポール線だよ。
次々と倒れビックリした。
その時は、疲労の上にお酒が入ったせいだと・・・汗。
2010-10-01 Fri 22:50 | URL | げちゅ~ #gGPgGGZg[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| Twinkle, Little Star |