毎日の生活や、旅の仕事を書いた日記です。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

またスイス旅日記に戻ります 
ツアー8日目は、ブリエンツ・ロートホルン鉄道観光です。
略称BRBは、スイスのブリエンツからロートホルン山の山頂へ登る、ラック式の登山鉄道。
運行時期は毎年5月中旬から10月下旬です。



宜しかったらクリックお願いします。
           ↓
    






この日も暑い・・・。33度もある。

駅舎は小さいので繁栄期には人々でいっぱいになります。
この日は、夏休みの日曜日でお子様連れのファミリーが多かったようです。

00 288_R

00 290_R

私の隣の席はワンちゃんだった。
イギリス人ファミリーのワンちゃんで、このブリエンツに別荘があり
年に4回は別荘に来て、この電車に乗るとか。

00 295_R

ワンちゃんは、私より多く、この電車に乗ってるのか・・・
おとなしく景色なんか見ちゃって余裕で慣れていたよ。

00 298_R


路線延長は7.5kmで、最大傾斜は250‰、5つのトンネルがある。
全線はアプト式のラックレールを用いたラック式鉄道。

00 302_R

使用されている蒸気機関車(19世紀末に製造)は、勾配対策として独特の前傾した形状となっていて
客車の後ろに連結して運用されます。

00 322_R


ロートホルン山の山頂の直下に位置する海抜2244mのロートホルンクルム駅。

00 318_R

ロートホルン山頂駅から、アイガーなどを。

00 310_RR

お昼は山頂ホテルのレストランで昼食。
天気が良いと景色が素晴らしい。

00 317_R

SLの保存運転を行っている鉄道の縁で、1977年に姉妹鉄道となったとの事です。

00 325_R

ブリエンツ湖

00 336_R


午後はルツェルンの観光でした。
瀕死のライオン記念碑。
パリでルイ16世一家を守って亡くなったスイス傭兵の忠実さと英雄的精神をたたえ作られた。

00 338_R

世界最古の屋根付き木橋だったカぺル橋とピラトス山。
でも橋の大部分が燃えてしまい、後で再建されたのです。

00 347_R


ここが噂の? ウォークマンを忘れたルツェルンの5つ星ホテル シュバイツァーホフホテルです。
ルツェルンで唯一エアコンがあるホテルとか・・・。
町の中心にあり便利。巨大スーパーもホテル裏にある。

00 345_R

ロビーとフロント。

00 342_R

ロビー

00 341_R

廊下

00 339_R

部屋のベッドの上にウォークマンを忘れたのだった・・・




00 349_R

すでにツアー初日に、 スーツケースも壊れてしまい、ルツェルンのカバン屋さんで急遽、購入。
自宅には3個のスーツケースがあるので重複しないように慎重に選ぼう・・・と思ったけど
自由の時間がなくて、焦って買ったんだけど、この軽さが気に入ったのだ。右が新しいの。


00 353_R


ツアー9日目

日本帰国日。ルツェルンのホテルからチューリッヒ空港までは車で約1時間。
チェックインはグループチェックインが出来る。
席はブロック状態・・・。

空港で、お客さんが私の新しいスーツケースに気がついて、
皆にスーツケースをベタベタ触られる・・・。
前の壊れたスーツケースは初日に壊れて、ずっとガムテープでグルグル巻きにしてたのだった。
もう何回も直しているので、これ以上直せない・・・。
ホテルの方の許可を頂いて、ホテルで預かって頂いたのだった。


脇がチャックのスーツケースって持った事ないけど、けっこう良い感じだ。


ツアー10日目

チューリッヒ空港でグループでトップでチェックインしたものだから
成田空港では、スーツケースが出てくるのが一番最後だった。
1件だけスーツケースの破損があった。
お客さんのスーツケースの下のキャリーの所に亀裂が入っていた。
成田のスイス航空でダメージとして確認してもらったら、スイス航空では修理代を出すには
該当でないとの事。お客さんは保険で修理する事になった。


2010年07月15日_IMG_0146_R




これでスイス旅日記は終了です。
長々と見て下さり有難うございます。
これからも宜しくお願いします。

次の海外はイギリス旅日記です。
その頃までには体も心も充電して、いっぱい寝て休養して
忘れ物をしないように心がけたいと思います 





ブログ更新中の時、宜しかったらクリックお願いします。
           ↓
    

関連記事