毎日の生活や、旅の仕事を書いた日記です。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

お待たせしました。ブログ復活第2弾です。
この6月はイギリス方面のツアーが2本続きました。 
まずは1本目のスコットランド&イギリス周遊ツアーの旅日記ご覧下さいませ。


飛行機はヴァージンアトランティック航空でした。
スタアラのマイルは、たまるけど、ビミョウにスタアラ加盟でないので、
スタアラ加盟のみの人は、成田でラウンジは使えない。

narita.jpg

VSは、エコノミーでも最初の機内食は4種類から選択できます。
和食を選びました。お味噌汁のお椀が、ちゃんとしてるのが嬉しい。

IMG_6336.jpg

では、ズームしてみます。(イギリス旅日記なのに、機内食を、どんだけ撮ってるんだ・・・自分汗

IMG_6337.jpg

まだ撮ります。(ぇ)
ロンドン到着前の機内食は2食から選べます。私は、和食にしました。
かきあげ丼でごじゃります。←好物が出たので言葉がヘンになっている。

IMG_6338.jpg

ロンドンから、スコットランドのエジンバラまでは、bmiで飛ぶ。
bmi=ブリティッシュミッドランド航空。
bmiは、スタアラなのでラウンジ使用可。
ロンドンの第一タミのスタアララウンジ
マイレージを多くもってる人は、ここで食事も可能。
お客さんの中にはスーパーフライヤーズカード(SFC)所持の人もいた。
SFCは、プラチナクラスかダイヤモンドクラスしか持てないステイタス。

IMG_6342.jpg

bmiの飛行機会社は、機内での食事、ドリンクは全て有料。

ロンドン、ヒースロー空港で乗り換えの時は厳しいX線検査があり、
その後、パスポートコントロールがあり、1人づつ顔写真を撮られる。
そして、お買い物が出来るショッピングエリアに出るのだけど、事件は、アップロードファイル そこで起きた。

bmiの機内食は有料なので、各自で食事を取っていた。
その時に、1人のお客さんが、空港内のショッピングエリア内で、お財布を盗られてしまった。
中には現金1万円、(小分けにしてたので良かった)クレジットカード3枚も入っていた。
カードは、即行、カード会社に電話して止めた。まだ被害はなかった。
現金は、小分けしてるのは幸いでした。貴重品は、いつも、どこでも気をつけて保管しよう汗

スコットランド、エジンバラの朝。
ここでカメラが壊れる。右斜め上に黒い線みたいのが入るのです大泣き
レンズに傷がついているかと何度も見たけど、ついてないのだ。
7月になってから何もしないのに ぷぷ 直った!
7/18現在も大丈夫の模様です。
このカメラはイギリスやスコットランドと相性が良くないのだろうか?

IMG_6344.jpg

ホテルは、無難なホリディ イン エジンバラ

バスのドライバーさんはイギリス人。昨日からスコットランドの、このホテルに泊まっていた。
ここスコットランドから、イギリス、ロンドンまで一緒だ。
最初の印象は、明るい性格でニコニコしてるけど、いい加減な感じがしたのだったが・・・
しかし、機転が利いた運転をしていて、TCに協力的で、すごく良い黒人のドライバーさんだったのだ。
その人も、イギリス人ながら、スコットランドの英語は、わかりにくいと言っていた。


IMG_6351.jpg


朝食は、アメリカンイングリッシュバフェ

IMG_6347.jpg

エジンバラでは朝もやが出ていたけど、後で快晴になった。
スコットランドの首都であり、ロージアン州の州都。

IMG_6353.jpg

セント・ジャイルズ大聖堂(大聖堂はおよそ900年間、エディンバラにおける宗教の中心)

IMG_6358.jpg

エジンバラ城
スコットランドの象徴。城の内部には王冠など王の戴冠式の宝玉など展示されています。

IMG_6364.jpg

IMG_6371.jpg

日本語も・・

IMG_6363.jpg

トイレから出てたら、凄い人混み。
この後、チャールズ皇太子とカミラ夫人が登場してパレードがあるとか。

IMG_6369.jpg

ロイヤル マイル
エジンバラ城から王の居城となったホリールード宮殿を結ぶ石畳の街道。
オールドタウンのメインストリートです。

IMG_6372.jpg

昼食は、新市街でローストポーク
スコットランドは水道水が軟水なので飲める。(イギリスは硬水だけど飲めます)

IMG_6376.jpg

スコットランドとイギリスの国境近くの町 グレトナグリーン
スコットランド南部西海岸の小さい町である。イギリスよりスコットランドの方が若くして
結婚できたので、イギリスからの駆け落ち結婚の場所で有名。

IMG_6378.jpg

イギリス、湖水地方にあるハイドロホテルに連泊
ビクトリア朝時代のもの。ここは環境保護地区なので建て替えが出来ず増築して
湖水地方のどこのホテルも迷路状態。

IMG_6384.jpg

ホテルの廊下

IMG_6386.jpg

朝食、夕食レストラン
ここもグループが多いホテルだけど、国民性?いや、チーフマネージャーが、しっかりした人だと
グループが多くても、混乱せずに、OK ちゃんと円滑に行くのだ。

IMG_6400.jpg

ホテルのバー (イギリスのホテルには、ミニバーは(ほとんど)ない)
その代わりポットとコーヒー、ティーバックは必ず部屋にあります。

IMG_6427.jpg

ライダル マウントの家は、ワーズワースが晩年37年間住んでた家。中はカメラ、ビデオX
イギリスの代表的なロマン派詩人であり、湖水地方をこよなく愛し、純朴であると共に
情熱を秘めた自然讃美の詩を書く。
建物内は専門の英語ガイドさんが案内してくれます。

IMG_6402.jpg

この後、英語ガイドさんと一緒に、ライダルマウントの家からグラスミアまで約1時間のハイキング。
途中見えた、ライダルウォーター(英国では、湖をウォーターという。大きな湖は~○○ミアという)

IMG_6404.jpg

ワーズワースのお墓は、聖オズワルド教会の墓地にあります。
前列左が、ワーズワースのお墓。

IMG_6406.jpg

湖水地方の建物は、スレートの石を使ってるのが特徴です。

IMG_6410.jpg

英国ではドライ・ストーン・ウォーリングと呼ばれる石の塀を見かけます。
これは、写真のような平石をモルタルなしで積んでつくることから付いた名前で、
一番上にコピーングストーンという笠石を縦に並べて乗せます。
地震国の日本では建築許可がおりてないのです。

IMG_6422.jpg

湖水地方は、住む人の数は約4万人、羊の数は70万頭・・NZみたい。


イギリス最大の湖、ウィンダミア湖。

IMG_6413.jpg

湖畔にいた人間慣れしてる白鳥。
人が近づいても堂々としてる。

IMG_6393.jpg



イギリスは天候が安定しなくて、夏でもジャケットと傘が必要といわれてるのに快晴でした。

IMG_6414.jpg

この湖を40分クルーズして、蒸気機関車に乗ります。
レイクサイド駅~ハーバースウェィト駅までの1区間蒸気機関車が走っている。18分かかる。

IMG_6420.jpg

期間限定でトーマスも走るようです。

IMG_6419.jpg

町をブラブラして、可愛い紅茶のポットを発見しました。
これは、ポットなのです。

IMG_6423.jpg

マナーハウスでアフタヌンティーをする。
マナーハウス とは中世イングランドにおける荘園(マナー)にで、貴族やジェントリに属する地主が
建設した邸宅

IMG_6432.jpg

予定より早めに着いたのに、パキパキとアフタヌーンティーの用意してくれた。
サンドイッチ→スコーン→スイーツの順番に食べるのです。

IMG_6428.jpg

IMG_6429.jpg

ストラトフォード・アポン・エイヴォンの町にあるシェークスピアの生家(中はカメラ、ビデオX )

IMG_6437.jpg

ハーバードハウス(右側)
アメリカにあるハーバード大学を作った人(ジョン・ハーバード)のお母さんが生まれた家です。

IMG_6440.jpg

17世紀のハーフティンパー(木骨組の家)

IMG_6441.jpg

ここの町で、1ポンドショップを発見(日本の100円均一ショップみたいの)

IMG_6443.jpg

マーク&スペンサー
洋服とか、割りと高めの食料品を販売。
英国で両替するなら、ここだと手数料なし。他は郵便局で両替するのがレートが、まあ良いです。

IMG_6444.jpg

シャルコット フェザント ホテル。けっこう部屋は広い。

IMG_6448.jpg

ホテルの朝食

IMG_6454.jpg


バイブリー
「英国で最も美しい村」とウィリアム・モリスに賞賛された村。

14世紀に造られた「アーリントン・ロー」
元来羊毛店だった場所が織工小屋となり、現在はナショナル・トラストにより管理されています。

IMG_6456.jpg

ナショナル・トラストは、自然環境等を経済的な理由での無理な開発による環境破壊から守るため、
市民活動等によって買い上げる・自治体に買い取りと保全を求める活動です。

IMG_6463.jpg

白鳥の親子

IMG_6462.jpg

ボートン・オン・ザ・ウォーター
町の中心をウィンドラッシュ川が流れるために「コッツウォルズのベニス」と言われています。
ボートン・オン・ザ・ウォーターは、コッツウォルズで最も人気のある村。

IMG_6471.jpg

ストーンヘンジは、世界で最も有名な先史時代の遺跡。世界遺産。
現在のイギリス人、アングロ・サクソン人がブリテン島に移住した時にすでに存在していたとの事。

IMG_6478.jpg

夜7時半、ロンドンに到着。
ホテルは、ウェンブリースタジアムの近く。
サッカー誕生の地、イングランドの総本山ということから、「サッカーの聖地」とも呼ばれます。
2012年のロンドン五輪でもサッカーの決勝戦等が開催される予定です。
また、カメラが・・・。右上に斜めに線が入ってしまう(T_T) →今は直ったのだ。なぜか・・汗;

IMG_6486.jpg

この時は、女王様の誕生日を1週間後に控えて、誕生日パレードの練習をしていました。

IMG_6494.jpg

IMG_6505.jpg

IMG_6502.jpg

キャス・キッドソンはロンドン生まれ。日本にも売ってる商品だけど日本の半値で買えるのです。
長岡の駅ビルにも、キャス・キッドソンが売ってたな。(´ー`*)。・:*:・ポワァァン

IMG_6506.jpg

アフタヌーンティーに、はまった自分は、おやつにスコーンを食べた。
このクロテッドクリームと、ジャムが美味しいのだ。

IMG_6514.jpg


もう日本帰国の日だ。あっとゆーまでした。
帰りの機内食も4種類から選べる。和食を選択。
オーバーナイトキッドは、歯磨きセット、靴下、アイマスク、耳栓、ボールペンがつく。
それは、良いのだけど、ここはスーツケースの重量制限が厳しい航空会社の1つでもあります。
係りで対応は、若干違うけど、Yクラスは、手荷物は、6kgまで、預ける荷物は23kgまで。
それを超えると超過手数料払わなければならない。成田は、絵文字名を入力してください 1kgごと超過9千円だ 

IMG_6521.jpg

日本到着前に朝食が出ます。

IMG_6522.jpg


どうも、今回も旅日記を読んで下さり有難うございます。

この後、(また時間がかかるかもしれませんが・・・)6/16発のイギリス周遊ツアーUPする予定です
同じイギリス周遊のツアーですが、航空会社は同じだけど、ビミョウに内容が違うのです。
その旅は、ローマ浴場のバースの町とか、ロンドン1日自由行動があったのです。
自由行動で行った場所は、以前からツアーバスの車窓から見て行列が出来ていた施設です。


サブブログ→  ←日常の更新です。



関連記事
コメント
この記事へのコメント
げちゅ~さん、更新が早くて、心配になりますっ、無理しないでくださいねーv-12(余計なお世話だったらすみません^^;)

冒頭の「では、ズームしてみます。」のとこで噴き出してしまいました。げちゅーさんのお仕事中の口調が思い出されて面白かったです。(「ごじゃります」もv-218

今回は白鳥や水鳥(カモでしょうか)に目を奪われました。
リージェンツパークに行ったときが思い出されて、その時もフレンドリーな水鳥たちに心癒されました。水面にダッシュする意味不明なやつもいて^^;
道に白鳥がデンといるなんて、日本では考えられないですよね~。
今回も素敵な写真を沢山ありがとうございましたv-10
2009/07/20(月) 06:11 | URL | もい [ 編集]
何度見ても、衛兵を見ると子供の頃買ってもらった
ゼンマイのおもちゃを思い出しちゃいます。
何故かイギリスの衛兵のおもちゃが大好きで、電池
仕掛けのおもちゃも買ってもらったなぁ~
円形の台の上で、衛兵の鼓笛隊が演奏するやつ。
スコットランドって、スコッチウイスキーの産地でしょ?
そう言えば、最近はお酒の写真少なくなった気がする
けど、気のせい?
2009/07/20(月) 08:57 | URL | レンジでチン [ 編集]
スコーンがとてもおいしそうですね!
(やっぱり食べ物に目がいってしまう(笑)
サクサクのスコーンが食べたいです!
アフタヌーンティーはイギリスに行ったら
是非挑戦したいですね!
一度行ったけど、未経験ですi-238

トーマスが走っているところ、見たいですね!




2009/07/20(月) 19:20 | URL | ёmi [ 編集]
もいさんへ
本当にお気遣い有難う。
ブログは好きなんだけど、正直にいうと、このハイペースは自分が辛いですv-356
もうすぐ仕事だから、ある意味、脅迫観念にとらわれて更新してます。(^^ゞ

私の口調ですか・・(;^_^A あは。
動物とか好きなもんで、つい、そっち系の写真が多くなってしまって・・。
鳥も自由で良いですよね~。
ノビノビしてる感じがしますよぅ~☆

慣れない怒涛の更新を終了しました。(T_T)
2009/07/21(火) 02:02 | URL | げちゅ~ [ 編集]
レンジへ
今回も、次回も衛兵の写真を多く撮っちゃったよ。
いっぱい思い出してね☆
そうそう、スコットランドは、スコッチウィスキーの産地だよね。
いっぱいの種類があったよ。飲んでないけど。
私、病気でビールは飲めないんだー。
全くでなくて、少しなら良いらしいだけど、怖いので今は、絶ってるんだよ。
だからお酒の写真が少ないかも?
先生に、聞いたらワインはOKとの事でv-272ワイン飲んでいるよ。
2009/07/21(火) 02:07 | URL | げちゅ~ [ 編集]
ёmiさんへ
実は、スコーンは、イギリスに行ってから好きになったのです。
クロテッドクリームつけると美味しいよね。
アフタヌーンティーは、イギリスで時間があると必ずするようにしてるだー。
今度、チャンスあれば、是非してみてね☆

私も、トーマスが走っているところを見てみたいです☆
2009/07/21(火) 02:11 | URL | げちゅ~ [ 編集]
げちゅ~さん、おはようございます。
更新が早くて、読むのが追いつきません(笑)
ヴァージンは、エイビーロードの
人気エアラインランキングで、いつも上位でしたね。
1度、乗ってみたい、エアラインです。
エジンバラで、日本語の看板とは・・・
たくさんの、日本人が、訪れているんですね。
O夫

ロンドンしか経験なくて、地方に憧れていますが
このツアー素敵だなぁ。
げちゅ~さんの写真、安野光雅さんの絵みたいです。
「バッキンガム宮殿の殺人」って本を読んだ
ところだったので、パレードの練習風景も
なんだか身近に感じました。
Oつま
2009/07/22(水) 08:41 | URL | Oつがい [ 編集]
Oつがいさんへ
>O夫さん
更新が早い・・って人様から初めて言われましたよ。
ワーイ!!\(o ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄▽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄o)/ワーイ!!(嬉!)
ヴァージンはオーバーナイトキッドも充実してるし、
この不景気で、どんどんエアーの内容が落ちる中
Yクラスでも他のエアーの上をいってる様な気がしました。
今年は特にイギリスのツアーが良く売れました。
うちの会社だけで多くの人が行ったような気がします。

>Oつまさん
なかなか地方色があるツアーでした。
私は無知なので安野光雅さんの事を調べてみました。
えー、v-398同じ感じですかあ。
えーえー光栄です。
今の時期は毎日パレードをしてるそうです。
午前11時のパレードが近づくとバッキンガムの周辺は
メチャ混んでくるのが面白いですよね。
2009/07/22(水) 22:49 | URL | げちゅ~ [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する