FC2ブログ
毎日の生活や、旅の仕事を書いた日記です。

好きなラジオ局

ブロとも一覧


アッサラームアライクム from おまーん

Dolce Vita Geolog

きらきら☆ワールドとは・・・

エクアドルの写真

~山の上から地の果て、水の中まで~

ぬか屋の徒然日記

NEWS


おすすめ


マクロミルへ登録
おこづかい収入に最適







天気予報



-天気予報コム- -FC2-

友達申請フォーム

この人とブロともになる

はあ
2017-12-18 Mon 21:22


このトルコの後、来年の初仕事は、BA(英国航空)で行く南フランスツアーです。



そのBAの復路の欠航が先週に決まりました。




昔、行きも、帰りもBAにフライトキャンセルされた事あるけど、、、


今年、2回BAに乗り大丈夫だったから、厄は落ちたかと思ってたのに、、、

年始は、お祓いに行かないと!













下記事は、過去にBAであった欠航記事です。






2006年 6月25日発のスイスツアーです。

6月25日(日)、BA008便(ブリティッシュエアウェイズ)で成田空港を
定刻に飛び立ちました。おお、順調の出だし~だ。
自分の中で最初にトラブルがあると最後まで尾を引く傾向があるので
心配だったのですが、今のとこ順調でした。

で、イギリス・ロンドンでスイスのチューリッヒに行く為に、
乗り換えて次は、BA720便に乗るのでした。
モニターで出発時間を確認すると、遅れてる・・・・
大丈夫かなあ・・・と不安を残しつつ、搭乗開始になるのを待ってました。
ようやく1時間半遅れで搭乗開始になり、機内に入りました。
ここで1番目の出来事が・・・
機内に入ったものの・・・機内のエアコンが壊れていて・・暑いのです。
メンテの後、さあ、飛び立つぞ~って時に、何と、機長さんが具合が
悪くなって病院に行ってしまいました。ありえない~でした。
逆に考えると飛び立ってから具合が悪くなるのも何ですが・・・。

そのまま、この便は欠航になってしまい、満席の乗客は動揺しながら
機外へ降りました。
本日、チューリッヒ行きの飛行機がないので全員、ロンドン泊となりました。
スイスへのトランジットなら、イギリス入国カードを記入しなくてもいいのに
私達は、一旦、ロンドンに入国するようになりました・・・。
その場で25名の入国カードを記入するのは大変ですし、時間も遅いので、
入国審査員に、お願いしたら書かなくてもOKとの事。
ターンテーブルから、スーツケースを各自持って、BAのデスクに行ったら
同じ便の乗客で、すごい列でした。しかし、時間が午後10時半過ぎなので
ほとんどの乗客が、今日はカウンターを閉めるから、明日、来て下さいとの事。
ええ・・・明日って・・・ツアーなのだから、お客さんの出発時間とか
モーニングコールとか伝えなきゃいけないのに、フライト時間が
わからないと伝えられないので困りました。
BAからは、この紙に書いてある24時間のコールセンターに電話して
聞いてください・・との事でしたが、実際は、テープが流れるだけで
全然、通じません。
その便に乗っていた人は、同じホテルになり、ホテルのフロントで
同じ便のスイス人とか、イギリス人とかでフロントで話していて、
BAの対応はおかしい・・・と憤りを感じてました。
お陰で、皆と妙な連帯感が出来てました。
とりあえず、同じ便の人は、誰も翌日の便が取れてないので
早くホテルを出発しようと思いました。

朝、空港に到着するとワールドカップとウィンブルドン開催中という事と
私達は25名という事で、1人や3名なら空席があるけど25名も空席がなく
・・・結局、午後3時50分の便になってしまいました。
午前中のチューリッヒ行きは、どれも満席・・・・

仕方ないので、会社に電話して飛行機の出発まで、ロンドン観光と、
昼食をつけてもらいました。

ロンドン観光後、ロンドン・ヒースロー空港に戻り、今度は、ちゃんと
飛行機がスイスに向けて飛びました。(嬉)





同じツアーの帰国の日に、またまた出来事が待ってました・・・・

これからジュネーブ発ロンドン行きのBA729便に乗り、ロンドンで
乗り換えて、BA007便に1時間10分の乗り換えで帰国予定だったのですが
チェックインをしてる時に、係員が、BA729便は遅延すると言われました。
せっかく、山も見え、ここまで何とか皆の気持ちを持ってきたのに。
ジュネーブではゲートも3度変更して、2時間以上の遅延でした。
成田行きのBA7便には間に合わなくなりました。

BA729便はジュネーブの空港を、2時間半遅れ飛び立ちました。
もう、度胸がついたのか?どうにもなれ?なのか・・・
お客様も、なるようにしかならないと思われたのか、笑顔でした。
(笑顔が出るというのは、こういう時は、どういう心理になるのだろうか。
誰もが、またロンドン泊を予想していたのだろうか。それとも?)

飛行機は、ようやくロンドンに到着して、ゲートに着いたら
BAのスタッフが待っていて、これから夜のNH(全日空)の飛行機に
全員振り替えが決まってると言う。皆でバンザイした・・・

BAスタッフからNHへの全員分の振り替えチケットをもらい、
喜んで、ロンドン第4ターミナルから第3ターミナルにバス移動して
NH(全日空)でチェックインしました。ここで6番目の出来事が~~
ツアーメンバーの誰の名前もコンピューター上にないという。
全日空のスタッフは、ここでは何も出来ないから、
また第4ターミナルのBAカウンターに戻って確認してきて下さいとの事。
第3タミから第4タミはバス移動も大変なので、お客様を、ここで待たせ
1人で、第4のBAへと走りBAのマネジャーに愚痴のような文句を伝える。
「あなた、全員、乗れるっていったじゃない~(涙)」

結局、25名中、10人しか全日空には、乗れなくて、また、ロンドンに
泊っても大丈夫な人だけ残った。

BAのカウンターに行き、翌日のフライトを探してもらったら、
VS900便ロンドン発成田行きが2人、後は、QF30便で香港経由で
そこからJAL730便で成田となった。

また残ったメンバーとBA持ちのホテルに行きロンドン泊になった。

このホテルもジュネーブ発BA729便でロンドンに同日乗り換えできなかった
他の国の人などが多くいて、ビール片手にワールドカップの試合を見てた。
ホテル内のパブのテレビでは、ちょうど、イギリスの試合をしていた。

ようやく予定より1日遅れの7月2日、ロンドンから
QF(カンタス)30便で香港へ飛ぶ。
うちの会社のツアーではキャセイと提携してて2年前は、よく香港経由で
ヨーロッパに行きました。
こんな形で香港へ来るとは・・・とほほ。

カンタスは、東に到着するので、JALのある西ウィングに移動する。


成田に到着したら、スーツケースが半分、到着してなくて
後日に、ようやく到着したのでありました・・・
本当は、メンバーは7月2日に成田に到着予定でした・・・。
実際に到着したのは、1日遅れの7月3日でした。
スーツケースは、何と、7月6日に自宅に到着しました。
次の添乗まで、何とか間に合った・・。
お疲れ様でした。















来年から、、、、やれやれ。。


良い方向へ行きますように願ってます。










宜しかったらクリックを、是非、お願い致します…













関連記事

別窓 | フランス | top↑
| Twinkle, Little Star |