毎日の生活や、旅の仕事を書いた日記です。

2007/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312008/02

20080126220943.jpeg


今日は、ミュンヘン1日、自由行動です。
お客さんは、朝早くにザルツブルクとか
郊外に出かけました。
全員がミュンヘンは数回目との事。

今は、ライオン太郎と2人きりです。

どこに行こうか?
あれ?この台詞は、以前も、どこかで…

写真は、ミュンヘン、バイエルン州立劇場

さて、明日から、またヨーロッパです。
今回は短く6日間のコース。
どこ行くのでしょうか・・・。
中欧ではないけど、ヒントは、左にいる、ライオン太郎の写真。
これは、どこだか、誰でもわかりそうですね。あちこちにヒント出てるし。


中欧でないけど、今回は、1都市滞在で、同じホテルに4連泊です。
やはり自由行動が多いコース。今回は24名です。
この前と違うのは、学生さんが参加してなく、ご年配の方が多いです。
オプションは、ほぼ全部UP(催行)です。

今日、会社に、お客さんからクレームが・・・(;^_^A
その内容は、ツアー料金の金額、申し込んだのと違い、高いからツアー料金を下げて。との事。
何故・・・今頃??そんな事を?
後で判明したのですが、同時期に出ていた違うツアーと見間違えたとの事。
2人参加の方で、その1人とは、まだ対客電話が通じてない・・・何か電話するの怖いよ。(゚_゚i)
誤解して明日、成田で会うのも何だから電話をしてるんだけど、
どこに行かれたのかな。こういう時に限って全然、通じないよ。


では、気分転換に、素敵な画像を?お楽しみ下さい


    ☆☆ 以前、行った北欧のオーロラツアーでのオーロラ ☆☆





(ノルウェーのトロムソのオーロラ)



では、行って来ます。




ようやく中欧ツアーの写真もUP出来ました。
もしかして現地からの方が、ブログの更新が早いんじゃないの?
・・・と思ったりして・・・


今回は、オーロラツアーではないんです。
しかし、日本に帰国の日で、帰りの機内からオーロラが見えたんです。
以前も、どこからの帰りに見えた事があるけど、オーロラを撮ったのは初めて。
AFで冬場は見える事が多いけど、LXから初めて見た。
北欧やカナダに、オーロラツアーに行ってもオーロラは見えない事があるのに、
見えちゃったから機内は、皆が窓側に殺到して、ぷち混乱してた。

おはようございます。
今はオーストリアのウィーンにいます。
天気は中欧独特のボンヤリした天気で雪は降ってませんが
気温は0度です。

昨日の夜はオペラ座で、オペラを見ました。
バレエの くるみ割り人形でした。これもツアーの中に入ってるんです。
ツアー代金は、正確には10万8千円で、8日間のツアーです。
ハンガリー、オーストリア、チェコの3カ国周遊です。
朝食はツアーについてますが、全食フリーです。

20080108220616


昨日、スイス航空でハンガリー、ブダペストに着きました
今年1本目のツアーなのに、
お客さんのスーツケースが届かなかった!
さすがスイス航空だけあり対応がテキパキしてる。
どっかの、ア何とか航空とか、エアフ何とか航空にも
そのテキパキさを見せてあげたくなった。
まあ、それも、その国の持ち味だけどね
私達の泊まっているホテルで
ホテルのフロントの人がパソコンに
PIRのリファレンスナンバーを打ち込んだの。
そしたらフロントの人はパソコンの画面を
見ながら「今は空港にあるそうだよ。
1時にホテルにデリバリーされるでしょう」
本当に、その通りになったよ。
そういうシステムがあるなら
他のロスバゲが多い国にも普及すればいいな。

今度、行く中欧ツアーは全員で18名様・・・。
3分の2が大学生の卒業旅行です。
この季節が来ました~。
毎年、この時期のツアーは、どこの国も卒業旅行の学生さんが多くなります。
今回のハンガリーのブダペスト、オーストリアのウィーン、チェコのプラハ8日間ツアーです。
旅行代金は、いくらだと思いますか?
3都市8日間で、行程はゆっくりだし全部フリータイムだし、食事も自由食で
約11万円なのです。
私も参加したい~~~☆(ぇ)

昨日、中欧ツアーの打ち合わせで、お客さんの所に最終確認電話をしたんですね。
大学生だし、バイトか何かで、電話しても忙しいから通じないかな?って思ってたら
即行、全員に通じました。学校が始まる前というのが勝利の原因と、あとは、
中には、4名参加の方の1人に電話したら、「俺、明日、コンパなんで、そん時に全員に伝えるっすよ!」
こういう話のわかる方は、有難い~☆感謝ですぅ。


昨年も、仕事柄、いろんな場所に訪れましたが、ブログに記録を残すという事は
自分だけ感動してるのでなく、一緒に感動して下さる方が、多く、いらっしゃるのも知りました。
世界には、こんなに素敵な場所があるんだ~っというのを、今年も伝えていきたいと思います

              それと同時に
    
       皆様のご健康とご多幸をお祈りしています。

          今年も宜しく お願い致します  

2008新年