毎日の生活や、旅の仕事を書いた日記です。

2006/101234567891011121314151617181920212223242526272829302006/12

今日は、次のツアーの打ち合わせがありました。
1日出発のドイツ・オーストリアです。
この時期は、クリスマスマーケットを目的で参加される方も多く
お客さんは34名参加します。
各地で、クリスマスマーケットが開かれて、イルミネーションも綺麗です。
このコースは、ドイツが初めての方が多いんですが、
今回は、2回目とか、何回か来られてる方もいらっしゃるようです。
ツアー前に、お客さんの自宅に電話するんですが、まだ全員に通じてません。
不在だったり、また、前回の機内に持ち込める液体類の制限の事を
1人1人に連絡するので時間がかかるのです。
もう1時間半も電話した所で、今日の所は、遅い時間なってしまい、
人様に電話をするのも遅い時間なので、諦めました。
その液体類の詳細の用紙がお客さんの所に送付してるんですが
初耳の方も多く・・・・最初から説明してお伝えしちゃってます。


そんなわけで、エネルギーを使い果たす一歩手前まで行き電車の中では爆睡しました。
今日は、乗り過ごす事なく(ぇ!)、自宅の最寄の駅で、ちゃんと降りました。
そして、歩いても良かったけど、家路を急ぐ為にバスに乗りました。
うちの方のバスの運賃は、前払いなんです。
降りるバス停で距離で運賃が変わるので、バスに乗車した時に
運転手さんに、○○で降ります。と最初に伝えるのです。
そしたら、誰もブザーを鳴らしてないのに、
ユニクロ前でバスは止まりました。
誰も降りるブザー鳴らしてなかったので、バス車内がザワザワしてきました。
あれ?と思ったら、

がぉー!私が降りるバス停ではないですか。

運転手さん、私が降りる所を覚えていて止めてくれたんですね。
いやー感動しちゃいました。嬉しかったですよ~。
運転手さんに、お礼を言って・・・周りの人に、ぺこぺこしてバスを降りました。


余談ですが、うちの区は、来年の2月から?住所が変わるようです。
家は同じですが、区画なんとか・・・で変わるとかで
住所が変わりましたっていう葉書を出しましょうと
郵便局から、50枚の葉書が無料で配られました。
1軒の家で50枚です。
50枚・・・足りないんちゃ・・
今、葉書を出しても何なんで、(何なんだ?)
年賀状に、その内容を書いて出すことにしました。
年賀状にとりかかるのは、ツアーから帰国してからの12月中旬になりそうだなあ。












母がインフルエンザの注射を受ける為に、先月まで入院していた病院に行ってきました。
一応、時間予約制でしたが、多くの人が並んでました。
母の順番になり、自分がドキドキしてしまいました。
 ←注射大嫌い。

無事に注射も終わり、さて帰ろうとしたら病院のロビーで、
母が入院時、お世話になった婦長さんに偶然にお会いしました。
母の元気な姿を見て、泣いて喜んでくれました。
泣いてまで喜んでくれるなんて・・・こちらまで泣いてしまった。
本当にお世話になりました。

うちの会社もインフルエンザの注射をしなければ添乗に行っちゃダメというのがあって
先週、嫌々してきました。  ←注射嫌い。
会社負担だから関係ないけど、
インフルエンザの注射って4000円もするんだね?



これは大好きなモッツァレラチーズを使って作るカプレーゼです。
塩分も少なくてヘルシーだよ。
南イタリアの人に言わせると、味の決め手は、チーズもそうだけど、
上にかけるオリーブオイルの質だそうです。

20061127232123.jpg














今まで母が心配で家を長くあけれなかったので海外添乗は控えていて
その問題もクリアして、久しぶりの添乗に行ってきました。

行きはルフトハンザ航空でフランクフルト経由ミラノでした。
ルフトの機内食です。(以前より変わった?コスト削減のご時世だから仕方ないのかな。)

20061124004307.jpg


前回の記事で液体類の事をUPしたけど、液体類を透明のビニール袋に
歯磨き粉を入れ忘れていた人が、今回、没収されてました。ビデオを持っていた人も
別室に連れて行かれてチェックされてました。
なのに・・・
日本に帰る時、イタリアのX線検査でも、液体をビニール袋に入れているかの
チェックなしでした。また帰り、フランクフルトを通った時は、
ビニール袋に入れているかのチェックも何もありませんでした。
行きは、あんなに厳しかったのになあ。行きの厳しさは何だったんだ?


そうそう、もう11月中旬だ。もうクリスマスなんだな。これはミラノのデパートで。

20061124004429.jpg


約4ヶ月半ぶりのイタリア・・・

ラ リナシェンテデパートの1階はルィ・ヴィトン、フルラ、フェラガモ
フェンディ、ディオール、ブルガリ、D&Gなど約20位のブランド階になってた。
時間がない人は、品物さえあればモンテナポレオーネ通りのブランド通りまで
行かなくても、ここで揃いそうな感じでした。

20061124004458.jpg


2001年から工事中のドォーモも、ようやく上半分が見えてきました。
何でもクリスマスには終わるとの事?本当???
イタリアだから(日本に比べると、いつも遅れる事が多い国・・・)
今年は難しいよね・・・とミラノのガイドさんと2人で同じ意見になる。

20061124015710.jpg


日本のマックでは100円マックやってるけど、イタリアでは
1ユーロ(約155円)マックでした。(マックでは食べなかったけど。)

20061124032500.jpg





夕食の舌平目のグリル

20061124005910.jpg



ベニスの昼食レストランのシーフードの飾りつけ

20061124010017.jpg


スパゲティボンゴレを食べました。

20061124010119.jpg


フィレンツェでのプリモは、リガトー二のボロネーゼパスタ

20061124010241.jpg


もうデモの季節・・・・

20061124010444.jpg


フィレンツェのベッキオ宮殿でイタリアのナポリターナ大統領を見ました。
大統領なのに、意外と警備が薄いと感じたのは私だけでしょうか・・・?

20061124010651.jpg



ローマの名物料理 サルティンボッカです。
美味しいお肉とセージを使用して、口に飛び込むという意味です。

20061124011205.jpg



この前のローマ地下鉄事故関連の新聞記事。
ローマ在住の日本人女性が重体で、今も集中治療室で頑張ってます。
大事な命・・・頑張ってほしい・・・

20061124011444.jpg



1日ローマの自由行動でした。
オプションのナポリ・ポンペイは、もう1人の添乗員が行く事になった。
朝、ナポリ・ポンペイに参加されたお客さんのお見送りをしてから
もう1つのホテルのお客さんの様子を見に行く。
今回のツアーはグレードアップホテルと、スタンダードホテルの2つのホテルに分かれるコースで、
添乗員は、お客さんが多く泊まる方のホテルになるんです。今回は、グレードアップでした。
もう1つのホテルに行くのに、ローマの北に向かう路線バスの中から
試合前のスタジアム前を通りました。

その日は、ローマのオリンピコスタジアムでサッカーの試合で、
ASローマとカターニャの試合でした。トッティが頑張ってASローマが勝ったそう。
このツアーは以前もやったけど、以前よりローマ近郊のホテルになり楽になったな。

20061124013233.jpg



その後、ローマ在住の知り合いと、行きつけのレストランに行く。
トマトスパゲティとカジキマグロのグリルを食べる。
イタリアに行ったら美味しいの食べたいよね。

20061124012026.jpg20061124012034.jpg



ちょうど、この時期はトム・クルーズの結婚式がローマ郊外の城であり
招待客の有名人が多くローマを訪れてました。
彼らの多くはハ○ラーホテルに滞在していて、パパラッチも多くいました。


20061124012559.jpg20061124012611.jpg

誰か有名人を見れるかなーって思ってたら、ツアー中に人だかりが・・
ブルック・シールズがスペイン階段を下りてきました。凄いオーラでした。
パパラッチに混ざって写真を撮りました。(高そうなカメラを持ってる人はパパラッチです)
偶然の出来事で、これはラッキーでした。
お客さんは、翌日ジェニファーロペスを見て実物は小さかったと言ってました。

その新聞記事です。

0001.jpg



個人的にsmartの車のファンです。写真を撮っていい?ってお願いしたら
わざわざ車から降りて横に移動してくれたのです。申し訳ない・・。
乗っていても良かったんだけどなあ。

20061124013429.jpg


機内食は、いつも同じようなメニューですし、
食べるより寝る方を選び爆睡してて、機内では、あんまり食べないのですが、
成田に到着してから、同僚とレストランで食べる事あるのです。

成田空港に到着しての、1タミ(成田第1ターミナル中央棟)お気に入りは、
翆鳳(すいほう)という中国レストランです。
朝8時から10時半まで1000円(消費税込み)でバイキングやっていて、
中華レストランなのに、中華以外に、和食の焼き鮭も、冷奴も、お漬物も、
納豆も、野菜サラダ、デザートも何種類かあって、お味噌汁も、日本茶あります。
ソフトドリンク飲み放題でもあります。
成田にも安いバイキングがあり、今更ながらにプチ驚いたのでした!

20061124014225.jpg




次回の旅日記は、ドイツ・オーストリア版です。
ここまで読んでくれて有難うございました☆





おまけ

日本にも美味しいのがあるんだろうけど、どうも物足りなくて
イタリアで美味しいモッツァレラチーズを買って帰ってきました。

20061124031416.jpg








10日の金曜日に、久しぶりに14日から行くイタリアツアーの打ち合わせをしたんです。
ツアーの場合、旅行会社にもよるかも?しれませんが
ツアー出発前にお客様の家に電話をして、ご挨拶をするのです。
あるお宅に電話したら、翌日11日は結婚式だとか忙しいみたいでしたが
昨日の11日は雨が降っちゃったので残念だったかと思うので
イタリアでは、その新婚さんを盛り上げてみる予定です。

あ、ヨーロッパに行かれる方、大事なお知らせがあります。
ヨーロッパ(EU欧州連合)における航空保安の強化についての発表が
11月6日にありました。

対象便
EU域内空港を出発する便(国際線、国内線、EU域内路線含む)
(EU域内全空港対象) ※EU到着便は対象外

※日本発EU域内空港行きは対象外ですが、EU域内空港より以遠
(国際線・国内線・EU域内路線)へ乗り継ぎをお持ちのお客様は、
乗り継ぎ時、同様の対応が必要となります。乗り継ぎの際、
規定外の機内持込み手荷物がある場合は、当該物品を放棄するか、
一旦入国して、受託手荷物としてお預け直す必要が
あるそうですので出発前には各航空会社に確認は必要です。

機内持ち込み手荷物は、ルフトはサイズは55cm×40cm×20cm以下で、
重量は8kg以下ですが、各航空会社、クラスでは違いますので確認が必要です。

液体類(液体類・ジェル類・エアロゾール類)の機内持込みが制限されます。

※制限される液体類は、水やその他飲料・ジェル・ペースト・
ローション・エアロゾールなどが対象。
化粧品(歯みがき粉、髭剃りクリーム、ヘアジェル、リップグロス、
マスカラ、クリーム類)も含まれます。
ジェル・クリーム類は食品・化粧品両方とも対象です。

 <<例外として以下の物品は機内へ持込むことが可能です>>

・機内で必要なベビーフード(検査時にお連れの方の味見が必要)

・機内で必要な医薬品(フランス・オランダでは処方箋が必要です。
その他の国でも、提示を求められる可能性があります。)

・1個につき容量100ミリリットル以内でなければならない。

・透明な密閉式のビニール袋1枚(ジップロック式)に完全に梱包されていなければならない。

・ビニール袋は最大1リットルとする
(1ビニール袋に複数個入れることが可能だが、1枚に収まる必要がある)

透明ビニール袋がない、もしくは、適していない場合には、
EU域内空港の保安検査場にて没収または放棄させられる可能性があります


2週間位は、現地の空港で無料でビニール袋を配ってるらしいです。
2週間後は、空港内の店でビニール袋50セントで売るらしいです。

media_417525.gif
(この画像はルフトハンザ航空のHPからのです)


欧州連合加盟国外の空港(日本の空港を含む)で免税品を購入し、欧州連合加盟国の空港で
乗り継ぎをする場合、乗り継ぎ便には、免税品を機内に持ち込みできないそう。
これらの品物は没収すると言っていて、X線の所で没収かどうか、もめるので
EU発の飛行機の遅れが若干出てるみたい。

って事は、イタリアに行っても、もうワインは手荷物で持って帰れないのですね。


上記の内容は、EU各国からの要請なんですが、突然の指示変更が行なわれる場合があるので
最新情報は、出発当日、空港係員・保安検査係員に確認した方が良いです。


上記ような事をお客さんに電話してたら、↑伝える用件が長いものですから
電話だけで軽く1日が過ぎました。
こういう内容は変更もあるので、お客さんに文書で送付していても
再度、電話で伝えなければならないのです。


久しぶりの打ち合わせは、こんな感じでバタバタしてました。
会社から、12月は2本のツアーを依頼されました。
1本目は、ドイツ・オーストリアのツアー。
12月の2本目のツアーはドイツ・スイス・パリのツアーが仕事で入ってました。

スイス!! ←寒がりな人。

仕事だから、寒がってもいられませんね。
この3年続けて、クリスマスの時期は仕事でイタリアに行く事が多かったけど
この分で行くと、今年のクリスマスはパリ滞在っぽいです。
クリスマスに仕事だ~。
とりあえず14日からのイタリアツアーの仕事頑張って来ます!




去年のイタリアクリスマス写真集(画像の上をクリック☆)












日曜日も、ポカポカの1日で眠たくなるような日でした。
今年は、エルニーニョみたいで台風も例年より少なくて
暖冬になるとの事でした去年は寒かったから、暖冬なら歓迎だな。

この休みは母とデパートへ快気祝いを買いに行きました。

デパ地下って、歩いてると、あちらこちらから店員さんが
これ食べてください~♪と試食の食べ物を差し出してきます。

コロッケ、ケーキ、ちくわ、たらこ、おしんこ、焼き魚、トンカツ、
玉子焼き、梅干、クッキー、餃子などなどなど・・・書ききれない~

デパ地下って、試食の宝庫や~♪(彦摩呂風・・)

しかし、ナニゲにカロリー&塩分制限をしてる2人には辛い試練でした。



ついでにデパート4階に行き、ブランド店の値段をチェックする。
今度のイタリア添乗の際に値段比較するのに、多くの店に入りました。
よく、添乗先の現地でお客さんから、日本より、どの位安いですか?
っていう質問があるので研究してきました。

その店を出る時には手ぶらで出てきました。(悲)
でも・・・以前よりブランドには執着しなくなった自分です。
第一印象で気に入ったデザインなら何でもOK。気にしなくなった。
値段は気にするけど・・・(笑)
ブランド物でも、ノーブランド物でも、自分が気に入った品物が1番ですね。








以前、母の見舞いに病院に行ってた時の事です。
病院で、良く わからない事に遭遇したんです。
ずっと考えていて、どうしても、わかんない事でした。
それを書いてみようと思います。

それは・・・・
ある日、いつものように病院に行きました。
そしたら、ある患者さんの病室に喪服を着た人々が3人いました。
あああ・・・何という事だ! といろいろ考えてしまいました。
その患者さんの所はカーテンが閉められているので、
廊下から良く見えません。

なぜ、その3人は喪服で病院に来てたのかと、皆で考えてみたんです。
その3人は年の頃は70代位の方々でした。

①病院の近所で法事があって、そのついでに見舞いに寄った?(えー)

②お見舞いした患者さんが思ったより元気で息を吹き返した?(えーえー)
 (そこ集中治療室でなく一般病棟だし・・
  喪服なんて用意周到すぎて、患者さんがビックリしちゃうのでは。)

③何だか、良くわからない・・・

結局、③の、何だか、良くわからない・・になりました。
翌日、その患者さんを見たんです。やはり70歳位の方でした。
ベッドの上で寝ながら、足を上げてリハビリしてました。
とっても、お元気そう~。

ここに勤めて30年の看護婦さんも、病院内の喪服見舞い客の光景は
初めて見たそうで、かなり引いちゃったと言ってました。
トイレに行った時に、母は、その光景を見ちゃって、わからないから
良くない事を想像して心臓がドキドキしちゃうし、・・・うーむでした。
病院内には、いろんな病気の方がいるわけで・・・
中には危険な状態で死と闘っている人もいるので・・・
そんな方達が、その光景を見たら・・・と思うと心境は複雑でした。
何だったんだろ・・・・と思った出来事でした。





BBSを、左のプロフィールの所に設置しました。
3年前?位からあるBBSなんですが・・汗。
あっ、別に他意はなく、それだけなんですが。ええ。
言ってみたかっただけ~