毎日の生活や、旅の仕事を書いた日記です。

2006/051234567891011121314151617181920212223242526272829302006/07

日本とブラジルの試合という事で前日からソワソワと
落ち着かなかった私でした。
ヨーロッパから帰ってきた事もあり、朝の4時には起きてたのです。
(厳密には寝てない・・・笑)

日本で見る試合だと、明け方の4時なんですね。
今までは仕事先のヨーロッパで、試合を見てて
オンタイムで試合見てました。


写真は、イタリア 対 USA の試合をイタリア、ローマのBARで見てた様子。

20060622005341.jpg



今回、初めて、日本で試合見ましたが、かなり辛い時間帯だと思います。

少し前まで、イタリアに仕事で行ってたのですが
仕事関連先のイタリア人が、日本とブラジルだとライオンと子猫だね。
・・・っていうのです。
何て事言うの?と思いました。
例え、もし、思っていてもNGワードじゃ・・・

私、そんな事ないよ。日本は強くなったんだから~と言いました。

玉田の先制1点は、すごく嬉しかったでした。
何とか、このままの勢いで行けば・・・と願ってました。

ところが・・・今まで静観していた?ブラジルに動きが出て、
あれよ、あれよ、ってブラジルに点が入り
見るのも辛くなって正視できなくなり、テレビを消しました。
やはり・・・ブラジルは強かった・・・・。

後で、負けた事を知り、ニュースで中田の辛そうな顔がアップになり
涙が出そうになってきました。
日本選手の方、大変お疲れ様でした。夢を有難うございました。


これは、イタリアで今、発売してるこのワールドカップ限定ビールです。
1982年の第12回スペイン ワールドカップで
イタリアが優勝した時のものです。
あの栄光を再び?というところなのでしょうか。






TBできたかな・・・。




全ての写真はクリックすると拡大します。



AF279便で、成田空港を出発しました。
機内食を少し食べたが、熱があるので体がだるい。
薬を飲み、しばし・・・爆睡する。右下のお皿はラタトゥィユ。

20060621231844.jpg


エールフランスの機内で、今、日本対オーストラリアの試合で
中村が1点入れました。と機内放送があり機内は大拍手だったのに・・・。
その後、3点も入れられるなんて・・・。
ANAの機内でも、同じような機内放送があったそう。

パリに着いたら、空港内にテレビがありワールドカップを放映してました。

20060621232522.jpg


ツアー2日目は、ベネツィアでした。手配ではアメリカンブレックファーストでしたが
ホテルも、レストランもアメリカンではないといい、手配会社に確認したら
アメリカンブレックファーストでした。むむ・・・・。

ツアー3日目は、チンクエテッレの1日観光でした。この日は、1日中、現地のガイドさんが
同行してガイドしてくれます。ここには日本語ができるガイドさんが、ほとんどいないので、
添乗員が通訳します。イタリアはライセンスガイドさん同行でないと、
お客様に町の観光のご案内はできないのです。とても良いガイドさんでした。
ポルトヴェーネレの港は世界遺産に登録されてます。NHKでも以前、ロケしてました。
イタリアの塔を横に並べてカラフルな色の家並みですが、サラセン人の敵襲や
波を防ぐ堤防・城壁の役割を果たしてます。

20060621232748.jpg


ポルトヴェーネレの港町

20060621233224.jpg


1113年建設のアーチをくぐると、メインストリートのカッペリー二通りに出ます。

20060621233328.jpg


20060621233343.jpg


目の前の島は、パルマリア島で、ここにも青の洞窟があります。

20060621234715.jpg


ボートに乗り、ポルトヴェーネレから、リオマッジョーレに移動する。
13世紀に、この形になったサンピエトロ教会を見る。

20060621234917.jpg


船は、リグリア海へと出る。天気が良くて最高の日でした。

20060621235315.jpg


リオマッジョーレの村が見えてきました。ここで下船します。
紀元前8世紀にギリシャ人が村を発見したと言われてます。

20060621235454.jpg


リオマッジョーレ村に着いて降りる所。

20060621235624.jpg


ここはイタリア有数の潜水ポイントとしてダイバーの間でも有名です。綺麗でした。

20060621235845.jpg


20060622000447.jpg


20060622000151.jpg


20060622000233.jpg


サンタ マルゲリータ リグレから出るボートに乗り遅れたので、
路線バスで、ポルトフィーノに移動しました。

20060622000745.jpg


サンジョルジョ教会から、ポルトフィーノの港町を見る。富豪が集まる所で
イタリアン・リヴィエラの中では、最も高級リゾート地です。
町には、ルイ・ヴィトン、フェラガモなどなど・・・ブランドも充実。

20060622000832.jpg


後藤久美子さんは、アレジと、この教会で挙式をしました。

20060622001037.jpg


右上がサンジョルジョ教会、左上がブラウン城。

20060622001146.jpg


港の内側でも、このような透明度。魚が泳いでました。

20060622001255.jpg


20060622001408.jpg


帰りは、ポルトフィーノからサンタ マルゲリータ リグレまでボートで移動しました。

20060622001635.jpg


サンタ マルゲリータ リグレの町では日光浴の人が多くいました。

20060622001900.jpg


20060622001926.jpg


フィレンツェでは、トスカニーホテルに泊まりましたが、ここは、以前は
モンジネブロホテルでした。大改装して、とっても綺麗になりました。
以前のホテルを知ってるだけに、すごくビックリしました。
同じ敷地内を利用してる為に、フロントの大きさやエレベーターの位置は同じでした。
内装が、全く新しく生まれ変わっていて素晴らしいホテルでした。

20060622002147.jpg


ホテルの後ろには、以前からスーパーマーケットがありますが
そこでイタリアサッカー応援グッズが売られてました。

20060622002534.jpg


夕食は、ドレスはセミフォーマルで少し洒落て、宮殿ディナーがありました。

20060622002810.jpg


前菜 モッツァレラチーズとトマトと、生ハムの上にルッコラ

20060622002857.jpg


ボロネーゼスパゲティ

20060622002912.jpg


フィレンツェ風ステーキにはバルサミコをかけると美味しさが広がる。

20060622002924.jpg


サンジミニャーノの町

20060622004144.jpg


サンドメニコ教会 (シェナ)

20060622004302.jpg


モンタパルティの町にできた新しいホテル

20060622004413.jpg


近代的なバスルーム

20060622004423.jpg


限定版イタリアのビール 1982年第12回スペイン大会でイタリアが優勝の時の。

20060622004548.jpg


バチカン美術館は、相変わらずの行列・・・。

20060622004642.jpg


システィーナ礼拝堂から出てサンピエトロ寺院に移動する廊下。
珍しく誰もいないのでパチリ。ミケランジェロも、ここを通ったのだろうか。

20060622004821.jpg


ローマでは週末に当たり、結婚式ラッシュでした。
この後、お客さんは新郎新婦と共に一緒に写真を撮ってました。

20060622004923.jpg


6月17日は、イタリア対USAのサッカーの試合で、ホテルのBARでテレビ観戦中です。
引き分けでしたが、知り合いのイタリア人は皆、落ち込んでました。
試合をやっていたので、普段はローマの町からEURまで約1時間位かかる時もあるのに
この日は道はガラガラで、約25分でホテルに到着できました。

20060622005341.jpg


翌日は、ジェンツァーノで開催されているお祭りインフィオラータに行きました。
200年以上も前から6月の聖体祭に教会に続く500Mの参道を花びらのカーペットで
覆ってしまうのです。神戸では震災後に、ここでヒントを得て、2004年から
神戸とジェンツァーノが互いに連動して行く事になりました。
今回も、神戸の市長さんや市民の方々がいらしてました。

20060622010458.jpg


20060622010335.jpg


20060622010428.jpg


20060622010439.jpg


日曜日もあって市も開かれてました。




安い~

20060622010854.jpg


ペコリーノチーズも安く売られてました。写真をお願いしたら、今まで
いなかった左の男性が急に現れツーショットになってました。

20060622010938.jpg


お願いするとポーズを決めてくれるから素敵

20060622010948.jpg


MIRALAGO湖畔のレストランで、カルボナーラ マルタリアーティパスタを。

20060622011303.jpg


ローマ法王の夏の別荘 カステロ ガンドゥルフ

20060622011529.jpg


A1高速道路で、フェラーリの軍団が・・・・
今日、ローマのコロッセオでフェラーリフェスティバルがあったので、その帰り?

20060622011702.jpg


オルヴィエートの町には、フニコラーレ(登山電車)で上に上ります。
長さは580mで3分間で上に上がります。

20060622011938.jpg


20060622011948.jpg


城壁より眼下を見る。

20060622012050.jpg


オルヴィエートのドォーモ大聖堂。

20060622012556.jpg


ドォーモ内部

20060622012730.jpg


20060622012815.jpg


20060622012853.jpg


最後の日の夕食は、オルヴィエートで手作りパスタでした。

20060622012947.jpg



帰りの飛行機のスケジュールが凄かったんです。
タイトなスケジュールでした。
飛行機は、全て、エールフランスでした。

イタリア・ローマを朝の6時半に出発して、フランス・リヨンに午前8時着。
時間が40分しかないリヨンで飛行機を乗り換え、リヨンを8時40分に出発して、
パリのオルリー空港に午前9時45分に到着して、そこでスーツケースを
ピックアップして、ツアーバスでパリのシャルルドゴール空港へ移動しました。
パリのシャルルドゴールには午前11時に到着して、そこでチェックインし直して
パリを午後12時半の飛行機に乗り、成田空港へと無事に着いたのでありました。

こんなタイトなスケジュールなので飛行機の遅延とか、
ロストバゲージ(荷物紛失)が、とても心配でした。半ば諦めてました。

でも、ロストバゲージもなく、飛行機の遅延もなく、スムーズに行ったのです。

やるじゃない!エアフラ 




ここまで読んで下さり有難うございました。
次回の旅は、6月25日~7月2日のスイスハイライトツアーです。



成田空港に行ったら、同じ旅行会社の緑の名札のついているスーツケースが
ずらっと、30個位、受付カウンターの前に並んでいて
うぉー私、遅刻だ~?
・・・と思ったら、昨日の出発日の同じコースの方のスーツケースで、昨日は
アリタリアの便だったけどメンテナンスで欠航だったそう・・(涙)
そして1日遅れで成田を出発していきましたが、欠航になった場合、ツアーの
最終日は予定通りで変らないのでツアーの内容が短くなります。そのグループは
ミラノ観光カットで、最後の晩餐もカットだそうで、ミラノの空港に午後5時過ぎに到着して
ミラノから、一気にバスでベネツィアまで走るそうです。
そういう場合、お客様、辛いと思うけど、添乗員もすごく辛いのです。

今回は、KLMでした。ここもスーツケースの重量が厳しかった。




機内食はビーフにしてみました。

20060609004540.jpg


翌日は、サンタ マリア デレ グラッツェ教会へ最後の晩餐を見ました。
私達は、ツアーに入ってるので入場できましたが、入り口には、SOLD OUTの看板が・・・

20060609004851.jpg


6月いっぱいまでチケットがないらしい・・
普段も、人気がある観光箇所ですが、ダ・ヴィンチ・コードで、またチケットが取りにくい状態との事。
あのような内容の本なので、宣伝は、あまりしないのだろうか。と思ってたら
イタリアの町の中は、あちこち、映画の宣伝ポスターが空港から、町から多く設けられてました。




4年前も、そうでしたが、毎回恒例のワールドカップ応援の為に、ドォーモ広場に
観客席と、大型スクリーンが設置されます。

20060609011827.jpg


ベネツィアも、ようやく時計台の修復が終わり綺麗な姿が登場しました。

20060609005537.jpg


フィレンツェでは、ウフィツィ博物館で、レオナルド・ダ・ヴィンチ展してました。
ダ・ヴィンチ・コードにもあったように、ウィトルウィウス人体図と黄金比の説明を
詳しく説明した展示会場がいつも見るフロアーの下の出口に向かうフロアーに
設けられてました。


今回は、やっと!カプリの青の洞窟に入れました~(嬉)
デジカメに変更してからの初青の洞窟入場でした。
シーズンなので混雑してて1時間以上も待ってしまいました。
イタリア人ガイドさんは、1年目とは思えない位に日本語もガイドも、頑張ってました。

20060609005810.jpg


ようやく洞窟内に・・・綺麗・・・

20060609010116.jpg


20060609010131.jpg


青の洞窟から出る所・・・

20060609010154.jpg


鱈のグリルと、ムール貝のグラタン(コッセ グラティナーラ)

20060609010324.jpg


リモン チェッロ(アルコール32度のレモンのお酒)を使ったアイスクリーム(カプリ島にて)

20060609010525.jpg


私達がカプリ島・ナポリに行った翌日の6/6の天気予報・・雷だ・・。
今年は、アペニン山の上の方で6月に、久しぶりに雪が降ったそう・・。

20060609014327.jpg



最近は、バチカン博物館の入場の為の列が長蛇の列。
今回も1時間半待ちでした。

20060609010708.jpg


今年のバチカン博物館のスケジュールを写真にパチリ

20060609010821.jpg


飛行機は、ちょうどフィレンツェ上空辺りを飛行しました。
右上の雲がある所がフィレンツェ。(アルノ川がカーブしてる)

20060609011000.jpg




成田空港第一ターミナル到着だったので、6月2日に出来たばかりの南ウィングを見学しました。
広い~~。関空のような?上海・浦東空港のような?
団体受付は、一番端のKカウンターでした。

20060609011156.jpg




         おまけ

コロッセオにいた瞑想中のネコ・・

20060609014546.jpg




         【余談】

このブログのツアータイトルの左横の写真は、自分が去年撮った
カプリ島の写真です。

Twinkle,Little Starの文字の左横の上の写真です。