毎日の生活や、旅の仕事を書いた日記です。

2006/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/06

fb41582bbe94adcd1a7cfb7fd2b02d9f.jpegbe9ab7d2dd6b8d1025b17a55d0d87eb4.jpeg


       イタリアサッカーチームのスーツ

  左、フォーマル            右  インフォーマル


もうすぐワールドカップが始まりますね。
先月、仕事でドイツに行ったら
グッズなどで溢れてまして、なかなかのものでした。

先日、日本代表メンバーも成田から飛び立ちましたが、
ダンヒルのスーツを身にまとってカッコよくドイツに旅立ったようです。
日本選手のスーツはダンヒルですが、イギリスはアルマーニだそうです。
そしてイタリアは・・というと、D&G(ドルチェ&ガッバーナ)ですって。
上の画像がイタリアチームのD&Gです。この前まではアルマーニだったのにね。
今回、アルマーニはイギリスのチームになりました。

実は、私は昔はパオロ・マルディー二のファンだったのでした。
世界屈指のDFでもありマルディー二の3番は、ミランの永久欠番ですね。
彼がワールドカップのメンバーであったらD&Gのスーツもイケテタような気が。

今年のイタリアサッカーはスキャンダルがあり、ユベのブフォンが事情徴収されたり
それが試合に影響されないと良いのですが・・・。頑張ってほしいものです。

思い出しましたが、いつかのワールドカップでの話し、イタリア添乗が多く
現地のイタリア人ガイドさんがサッカーファンが多く、私の前で
仕事しながら、ソワソワして試合を気にしていたのが印象的でした。
もちろん、お客様の前ではソワソワしてませんでしたが・・・。

来月、ワールドカップ試合期間中にイタリアに行くのですが、
また、ソワソワしちゃうのでしょうか・・・。

あ、私、日本在住の日本人なので。もちろん日本を応援してます!





          ☆  お知らせ  ☆

登録した時の、自分のブログアドレスは、http://blog4.fc2.com/gechu/ だったんですが、
サイドバーにオトフレームなるものを設置したら登録アドレスと、
実際のブログアドレスが異なる事を発見しました。
他の箇所でも間違いが多々ありまして・・・


  正アドレスは、http://gechu.blog4.fc2.com/ です。


どちらのアドレスも反映しますが、↑のアドレスに訂正を お願います。

       
   今更ですが・・ (/_<) 申し訳ないです・・・。



今まで、この本に関しては、実在のものはあるけど、
所詮、小説だからというので、自分自身の考えで見なかった事にしてました。

一応、自分は幼稚園は、カソリックでイタリア人の園長先生の神父様
大学もクリスチャン学を専攻してて、牧師さんの家に、一時期いそうろう。
学生時代の頃の周りの友人は、だんだん洗礼していく人が多くなりました。
クリスチャンの事を面白可笑しく書く小説は・・・と、スルーしてきました。

しかし、仕事柄、1年に約20回前後位、イタリア、パリ、ロンドンと行く事が多く
同業者や、友人は、去年から読んでる人が多いのは知ってたけど
いろんなヨーロッパの観光地に仕事で行き
これを読まないと仕事に支障があるという事が
ようやく・・・わかって・・・(涙)
仕事関連で、とうとう追い詰められて読まなきゃいけなくなったようで。

各観光地のガイドさんも、必ず、ダ・ヴィンチ・コードの話をされるし
パリもルーブル美術館が60万人増えたとか・・・
ロンドンも・・・・観光客が本のお陰で増えるらしい。
そんなことで追い詰められた私は・・・
本屋さんで、上・中・下 
3巻まとめて買ってきました。

で、一気に読破してしまいました。

来月1日からのイタリア添乗・・・また最後の晩餐を見るので
この本を読んだ後に、こういう気持ちで絵を見るのも複雑。

ルーブルのグランドギャラリーを思い出し回想してみる。
今は、モナリザのおいてある部屋や絵画の所は写真撮影が禁止です。
ルーブル美術館のHPのバーチャルツアー←(クリック)
小説のように、美術館の雰囲気が味わえるかもしれません。
ルーブルのHPバーチャルツアー1997~1998年当時の美術館の様子・・となってますが、
バーチャルツアーにあるように、去年の4月6日から同じ部屋にモナリザ戻っています。
モナリザは2階です。
イタリア・ベネツィアのドゥカレー宮殿に行くと、ベロネーゼの天井絵を指差し現地ガイドさんが
「この絵はナポレオンによって盗まれ、本物はルーブルにあります。」と必ず言います。
その本物のナポレオンに盗まれた絵もモナリザの斜め横にあり、今はモナリザと同じ部屋にあります。
(*バーチャルツアーは、Quick TimeをDLしてないと見れないです)

またバチカンにも行くので・・・
この本について、お客様からも質問がありそうで読んでみたわけです。

実在の場所を記載してあるけど・・・・
まず、内容が・・・よく、ここまで書けたなあ。

事実は小説より奇なり・・・といいますが・・・

映画が公開された事で、いっそう注目が集まって
本の内容に関して、これからも、いろいろ議論が起きそうですね。





         ☆  お知らせ  ☆

登録した時の、自分のブログアドレスは、http://blog4.fc2.com/gechu/ だったんですが、
サイドバーにオトフレームなるものを設置したら登録アドレスと、
実際のブログアドレスが異なる事を発見しました。
他の箇所でも間違いが多々ありまして・・・


  正アドレスは、http://gechu.blog4.fc2.com/ です。


どちらのアドレスも反映しますが、↑のアドレスに訂正を お願います。

       
   今更ですが・・ (/_<) 申し訳ないです・・・。



成田空港でBAの機材が遅れて10時50分発が午後12時半に変更になりました。
ロンドンヒースローに到着が午後4時40分で、次の乗り換えが午後5時40分。
もうスーツケースは、また遅延かな・・って思ったら、予想通りで
自分の分も含めて12個がロスバゲでしたが、次のフライトで来るとの事。
この日には、無事に12個全部到着して、まずはヤレヤレですが、今年、ロスバゲ多いなぁ。

キューケンホフ公園のチューリップ娘。前回は会えなかったけど今回はおりました。

20060525012527.jpg


先週より、やはり花が少なかった・・・。部分的にはあったけど・・・

20060525012708.jpg


ハイネケンの工場を横目で見て運河クルーズに乗る。

20060525012814.jpg


今回、アントワープとブリュッセルはノーガイドなので私がガイドする。

イタリアはライセンスガイドが、グループに同行してなければ、
町の観光のガイドは、添乗員だけで、法律でできない国ですが、
ベルギー、オランダはライセンスガイドが同行してなくても、
添乗員だけでガイドできる国なのです。

*ライセンスガイド=イタリア国籍を持ち、イタリア語、英語が堪能で
その都市の試験に合格する事が条件。ある教会の絵を見せられて、その絵は
どこの教会にあるか・・・答えられる事など。有名な絵は試験に、あまり出ない。
あとは町によるが、実地で、その教会などのガイドを試験官同行で行なうとか
マークシート方式の試験がある事など。イタリアは、ライセンスガイドが
同行していないと、お客様に町の観光案内はできないのです。
(自由散策は除く。)



ホボーケン村にある少年ネロとパトラッシュの像

20060525013050.jpg


ブリュッセルのグランプラスでは、ジャズマラソンをしていました。

20060525013225.jpg


先週の気候は大変暑く25度だったのに、今回は13度しかなく、
鴨さんも固まって暖をとってました。先週の小鴨?大きくなったなぁ。

20060525013447.jpg


この日も寒く、寄り添う子鴨。可愛い・・

20060525013503.jpg


ゲントの町

20060525013633.jpg


夕食は、ブリュッセルに戻りサーモングリルでした。

20060525013731.jpg


帰りのBA(英国航空)の機内食もサーモングリルを選択しました。

20060525013758.jpg


隣に座っていた添乗員さんはスペイン帰りで気温が45度あったとの事!
オランダ・ベルギーは平均気温が13度でふるえていたのにね。異常気象だ。




このツアーは花を主に見るツアーなので、通常の観光+ガーデンに行きます。


まずは、ヴァージンアトランティック航空でロンドンへ飛びました。
この飛行機会社は、スーツケースの重量に厳しいのです。
成田では、1人25kgまで無料ですが、それ以上だと
1kgオーバーにつき超過手数料が、約6600円とられます。手荷物は約6kgです。
帰りのロンドンからだと約23kgまで無料で、それ以上だと超過手数料がかかります。

20060515165802.jpg


機内サービスは他社と違うのは、Yクラスでも機内食が4種類から選べる事と
アメニティグッズがついています。

カツ丼を選びました。

20060515170001.jpg


到着前にも機内食の選択ができます。他社は選択できない所多いです。これはきんちゃく?ご飯。

20060515170106.jpg


オランダ・アムステルダムでは、また、お客様のスーツケースがロストバゲージ(遅延)でした。
今は、ロンドンにあるとの事で翌日、ホテルに来ました。
私的には、これは年に1回ある位で、去年からスーツケースのロスバゲが多くなってきた。
今年は、すでに、お客様のスーツケースのロスバゲが4回目だものね。多いな。
ホテルは、オーバーでしたのでグレードアップして5つ星のホテル、ドリントソフィテルホテル。
広くて綺麗でした。

20060515170420.jpg



1949年開園のキューケンホフ公園です。32ヘクタールもある公園で、
ちょうどチューリップが見頃でした。
今回は、JSGガイドさん、おりました。(嬉!)
また来週、今度は、ガイドさんなしで来るので、来週の予備知識の為に、
2人で公園内を歩いてみました。

20060515171111.jpg


20060515171236.jpg


20060515171347.jpg


公園内で、子供がチェスの試合を・・

20060515171430.jpg


レンブラントの生誕400年という事でチューリップで作られたレンブラントの顔。

20060515171705.jpg


八重桜も綺麗

20060515171843.jpg


19基の風車がある世界遺産キンデルダイク

20060515172143.jpg


アントワープ ノートルダムヘール大聖堂(ルーベンスのキリスト降下)
フランダースの犬の舞台。ネロとパトラッシュはこの絵の前で息絶えた。

20060515172408.jpg


ノートルダムヘール大聖堂の全景

20060515172610.jpg


お店の宣伝カー

20060515172748.jpg


本場ベルギーワッフル

20060515172958.jpg


ほのぼの~

20060515173048.jpg


世界遺産 ベギン会修道院 (ブルーージュ)

20060515173116.jpg


聖母教会内にあるミケランジェロの聖母子像(ブルージュ)

20060515173414.jpg


鐘楼と運河(ブルージュ)

20060515173523.jpg


ブルージュといえばレース製品が有名です。

20060515174816.jpg


ブルージュのマルクト広場の市場。アスパラガスは、今が旬♪

20060515174903.jpg


ヘックス城は1770年にリエージュ司教により建てられたロココ様式の城です。
12.5エーカーのフランス様式の庭園で250種類のバラ園、多くの植物があります。
ベルギーブリュッセルから東に85km行ったヘールという所にあります。

20060515175330.jpg


ブリュッセルのお決まりの写真 小便小僧

20060515175604.jpg


グランプラス付近には、レストランも多数あり。呼び込みもしています。

20060515175646.jpg


昨日は、ムール貝で、今日は、ビーフシチューでした。
ムール貝の画像は撮れませんでした。店の人がノンビリ屋さんで手伝っていた~

20060515175751.jpg


ユーロスターでベルギーからロンドンへ。

20060515175930.jpg

20060515175951.jpg


ダイアナさんも住んでいたケンジントンパレス。
ダイアナさんの衣装を展示してました。

20060515180030.jpg


ケンジントンパレスの中庭

20060515180202.jpg


キューガーデンは、王立植物園。1759年に宮殿併設の庭園として始まり
今では世界で最も有名な植物園として膨大な資料を有しています。
2003年にユネスコ世界遺産に登録されました。

20060515180255.jpg


20060515180534.jpg

ダイアナさんがテープカットをされたパームハウス

20060515180626.jpg


20060516043201.jpg


ロンドンに行くと、いつも行く店。少し高いけど、丈夫で長く着られるから好きな店。

20060515180757.jpg


最後の日の夕食。ローストポーク

20060515180829.jpg


ヴァージンアトランティック航空の朝食機内食は、
ベジタリアンか、イングリッシュか、好きな方を選べる。
私は、ベジタリアン用ブレックファーストにしました。

20060515180939.jpg




8日間のツアーでしたが、天候にも恵まれ花紀行にふさわしい旅となりました。
ここまで読んで下さり有難うございました。
画像は、許容範囲の関係で後日、(かなり後日・・)アルバムに移動予定です。


5月18日から、またオランダ・ベルギーです。
チューリップ開花・・・まだキープしていてくれるといいけどナ。
どうもご無沙汰してました。更新が滞ってまして申し訳ないでした。
パソコンが調子悪いのと、明日からオランダ・ベルギー・ロンドンツアーなので
あんまり自分は行かない国なので勉強してました。

今までのツアーの一部ですが・・・まとめてUPしたいと思います。


まずは、4月3日発のイタリアツアーから・・・


これは、コモ湖近くの夜景です。向こうにスイスアルプスが見えます。

20060506124501.jpg


お昼ごはんは、いつも行くミラノ・ドォーモの近くのレストラン.
8人のお客さんと全員で行きました。

20060506124701.jpg


以前、報告してますが、バスが故障して(ベン○のバス)高速道路から牽引されて
降りて修理中してる所です。結局バスは直らなくて、代替のバスを呼びツアーを続けました。
ボンネットから煙がでました。ファンベルトが切れたので、そのせいかと思いますが。

20060506125033.jpg



今週は、イタリア文化週間で国立博物館が全て無料でした。
コロッセオも無料なので8人のツアーだったので入場してしまいました。

20060506125502.jpg


お客さんに誘われて一緒に行ったボロゲーゼ宮殿前でスマートのパトカーをパチリ。
ここは予約制で手荷物は全てロッカーに預けます。撮影も禁止です。

20060506125731.jpg



次は、4月15日、16日とヘルプで高遠の桜ツアーに行きました。
これは上田城址の桜です。

20060506130421.jpg


翌日の高遠の桜は満開で綺麗でした。

20060506130724.jpg



さて最後に先日のヨーロッパゴールデンルートです。
12日間でイギリス・ドイツ・スイス・フランス・イタリアの主要観光地を網羅するツアーでした。

まずはイギリス。イギリスと言ったらコレでしょう?

20060506130950.jpg


この日はエリザベス女王の80歳の誕生日で旗が出てました。

20060506131139.jpg


ドイツはライン川下りの船から・・日本人ツアーいなくて私達だけでした。
これは、ローレライの岩山。

20060506131259.jpg


ゲーテが写生した記念碑。(ハイデルベルグ城)

20060506131428.jpg


朝もやの中に、ボーっと浮かぶハイデルベルグ城。

20060506131513.jpg



今の時期は、アスパラガスが美味しいのです。

20060506131740.jpg



もうすぐドイツでワールドカップですね。ホテルでも、こんなディスプレイが。

20060506132042.jpg


ドイツの最後の場所、昼食場所のホッペン湖畔で。

20060506132227.jpg


天気が今ひとつのスイスでは、どうにかアイガーが見えました。これは東側。

20060506132330.jpg


アイガーの北壁に開けた窓から下を見てみる。おおーこわっ。←高所恐怖症な私。

20060506132440.jpg



ヨーロッパ第2の落差のラウターブルンネンのシュタウプバッハの滝。圧巻です。

20060506132934.jpg


パリのクルーズよりオルセー美術館を見る。(以前も同じ写真を撮ったような)

20060506133349.jpg


最後の訪問国は、お馴染みイタリアです。コロッセオでは消防署の訓練中でした。

20060506133505.jpg


ローマからフィレンツェまで日帰りのイタリア新幹線ES=ユーロスターの旅に同行しました。

eurostar02.jpg


これは食堂車です。

20060506133647.jpg


帰りは、IC=インターシティ(急行)に乗車しました。

20060506134052.jpg







次の添乗は明日から、オランダ・ベルギー・ロンドンです。
今日のブログは、今までの分をUPしたので長くなりましたが、
ここまで読んでくれて有難うございました!
お疲れ様でした~。