毎日の生活や、旅の仕事を書いた日記です。

2006/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/04

日本では(関東)桜が満開です。
去年は、両親と3人で行ったけど・・・。

花の命は短くて、ちょうど、お花見の時期に日本にいれて幸せです。
母と、おととい桜を見に行きましたが
いまいちでしたので、また明日でも行く予定です。

今度の添乗は、4月3日の月曜日からです。
今は、ツアー打ち合わせ中です。
信じられない事に、お客様は、何と8人です。
何となく、25名位いらした方が自分は、慣れで、やりやすいのですが(ぇ)
はい・・・やるからには、頑張ります。
わかる人にはわかると思いますが・・・
少なければ少ないなりの大変さもあるのです・・・。はい。
それに、今回は、往復ともアリタリア直行便・・・
こんな最高な事って・・・あんまりないです。
後は、お客様のケアだな・・・。


あの・・・なぜ、家からPCしないかというと、
私のPCは、ちとウィルス気味なのです。
あ!ウィニィーでないですよ・・・・
今は、自宅PCに緊急ロックがかかってる状態で、家でできないので
ここで(会社ではない某所)やってる訳です・・・
せっかく先日のお花見の写真もUPしようとしたけど
こんな調子だし、もうすぐ日本にいないのでUPは遅くなりそうです。
とりあえず報告まででした・・・。


4/1 時間がなくて、とりあえず緊急ロックかけて隔離していた
ウィルス君を退治しました。これでヤレヤレ・・・



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


4月1日に近所に桜を見に行きました。




今日は、暖かかった・・・。
では、今度は友達と夜桜見物に行って来ます。


全ての写真はクリックすると拡大します。


3月20日(月)

MU-522便で成田より上海に飛ぶ。以前、この国には28回来たけど、
ビザがなくなってからの中国は初めて。
やっぱ人民解放軍が管制塔を握ってる国なのでヨーロッパの国のように
スムーズには行かないような気がした。
出入国書類が多い・・。検疫の健康診断書、EDカード、税関申告書(入国用)
乗り継ぎなので、もう一度、税関申告書(出国用)、EDカード。書類を書きまくりました。
日報を見ても毎回、飛行機のチェックインの仕方が変更になっていた。
こういうご時世だから仕方ないのか・・・。

今回は、チェックインを上海でしても時間が余りました。
写真は、上海浦東空港。

20060329030130.jpg


時間が余ったので空港でラーメンを食べてみた。パクチーが嬉しい。

20060329030258.jpg


中国時間の午前12時にパリに向けて東方航空は出発しました。
去年もパリツアーで、この飛行機会社を利用しました。
クルーが意外と?優しいのが印象的でした。女性クルーは事務的に感じた。

20060329030555.jpg


3月21日(火)

21日の早朝パリに到着して、バスでモンサンミッシェルへ行く。
早朝到着&観光は体力勝負だ。

20060329030959.jpg


モンサンミッシェルからパリ市内に戻り午後8時半でホテルのチェックインをした。
急いでチェックインしようと走り、暗くて、つまづいて転んだ。
ガンっ!と、顔の半分と、頭蓋骨を打ち、一瞬、気を失いかけたが
すぐに、恥ずかしさがこみ上げ、起き上がる。
暗かったので、お客様、誰も目撃してなくて良かった。
あの頭を打ってから、普段、使わない脳が活性化?され
活動を始めたらしい・・・。目が冴えてきました。

3月22日(水)

パリ市内観光と、午後はヴェルサイユでした。このコースは
リピーターが多く、以前、ヴェルサイユに行った方が多く
午後からは離団する方が多かった。個人的にも午後はフリーが良いと思ったけど。
ヴェルサイユの鏡の間が、ようやく半分、修復を終えました。後、半分だ。

20060329031512.jpg


夕食は、お客さんと近くのハイパーショッピングセンターに行き
ブラッセリーで、ムール貝などを食べました。

20060329031701.jpg


3月23日(木)

オプションはガイドさんが同行して、添乗員は含まれてないので
1人でホテルから、てくてくと地下鉄の駅に歩く。
途中に、いつものようにパリの高速道路は大渋滞していた。
タクシーで中心まで行かなくて良かった。

20060329031926.jpg


地下鉄の駅構内では、抜き打ちの切符の検札していた。

20060329032038.jpg


お昼レストランにお客さんを迎えに行き、午後3時19分には北駅から
ユーロスターでロンドン・ウォータールー駅に移動しました。
この日は、バスでホテルへ直行しました。

20060329035437.jpg


20060329032219.jpg


3月24日(金)

ホテルは、コプソーンタラホテルで、JALクルーなどの泊まる1泊4万円のホテル。

20060329033355.jpg


20060329032414.jpg


この日は、観光で、世界3大博物館の大英博物館をみました。
ここには、ロゼッタストーンが展示してあります。

20060329032601.jpg


昼食は、イギリス名物のフィッシュ&チップスでした。

20060329032808.jpg


ロンドン名物のバスと、タクシー

20060329032903.jpg


このジャパンセンターからパソコンしてました。30分2ポンド。

20060329032922.jpg


3月25日(土)

午後6時まで自由行動でした。お客様をお連れして町まで行きました。
ホテル最寄の地下鉄は、ハイストリートケンジントン駅です。
今回、ロンドンのホテルは良かった。内容も良いけど、ロケーションも良い。
この駅まで、徒歩2、3分位。ピカデリーサーカスまでも地下鉄で約10分位。
ハロッズから路線バスC1番で約20分位でホテル。

20060329033135.jpg


今年から値上げしたそうで2年前より、地下鉄代が上がってました。
1回乗っただけで£3、1日券は午前9時半から£4.9でした。1日券の方がお得です。
£1は日本円で約220円です。高い・・・。

20060329035924.jpg


サークル線でキングスクロス駅へ。

20060329033823.jpg


20060329033908.jpg


この看板は映画ハリーポッターに使われて、ここに飾ってあります。写真を撮ってる人多かった。

20060329033959.jpg


本当の撮影場所は、同じくキングスクロス駅の4、5番線ホームです。

20060329034015.jpg


ロンドン橋落ちた~♪の橋は、向こうに見える橋。何の変哲もない橋。

20060329034225.jpg


これはタワーブリッジで、これをロンドン橋と間違える人がいるそう。

20060329034235.jpg


地下鉄にワンちゃんが乗ってました。お互いにビックリした瞬間!

20060329034250.jpg


ビッグベン

20060329034546.jpg


ピカデリーサーカス(町の中心)

20060329034608.jpg


地下鉄ピカデリー線の駅の入り口

20060329034656.jpg


地下鉄は、アンダーグランド、チューブと呼ぶ。

20060329034632.jpg


20060329034710.jpg


以前は、英王室御用達であったハロッズデパート

20060329034739.jpg


エジプシャンホールの地下には

20060329034802.jpg


2人のメモリアルがあり、今でも、多くの人で混雑してました。

20060329034815.jpg


午後9時過ぎには東方航空552便でロンドンから上海へ飛ぶ。
これが個人チェックインで時間がかかるうえに、チェックインカウンターで
中国ビザは?って聞いてくるイギリス人が応対してるので更に時間がかかりました。
今は、中国はビザはありません。

3月26日(日)

夕方5時に上海・浦東空港に到着して、一路、外灘へ。
ここは夜景が綺麗な所です。

20060329040038.jpg


20060329040204.jpg


20060329040217.jpg


念願の火鍋を食べたかったけど、飛行機の遅延で、この夕食の時点で
午後10時・・・。火鍋は断念しました。

20060329040139.jpg


ホテル近くに火鍋屋があったので、写真だけ撮りました。
火鍋は過去に2,3回しか食べた事ないけど、はまりますね。
まずツアーでは辛くて出る事はないので知り合いと食べに行く事が多いです。
夕食後、自分も中国は5年ぶりなので西安の友人に電話する。
彼が上海にいたら、夕食後も町に火鍋を食べに行ったと思う。
日本人が以前に比べ激減したので、もう1ヶ月近くも仕事がないそうである。
いろいろ言われてる中国ですが、好意的な人・・・多いです。
ネットでの集会の事は、裏であやつる人がいるとか、
日本人が来ないと、仕事が減ると現地の方も憤慨してると聞いた。

20060329040501.jpg


夜は、午後11時からお客さんと近くの24時間コンビニに行き、
その後、ホテルでマッサージする。1時間68元。日本円で約1000円。
肩こりがしてたけど、この1時間のマッサージで解消された。

ホテル 新民大酒店

20060329041037.jpg


上海の朝の風景。以前に比べ自転車が少なくなった。ガイドさんが言うには
地下鉄ができてから、そちらの利用が増えたとか。
空調は、エアコンがついてるバス。ついてないバスより運賃少し高め。

20060329041221.jpg


キャぺツをバイクの後ろにつんでる男性。こういう光景を見ると中国に来たな~と実感する。
以前、知り合いのイタリア人が北京大学で学んでいた理由で、中国は良いよ。
と、聞かされて初めて中国に足を運んだのが7年前でした。
奥が深い点では、意外と共通点がある国だと思う。
シルクロードも西安から、ローマまで通じてるし。
あのオペラのパパロッティも北京の故宮でコンサート開いたし。

20060329041232.jpg


そして午後12時の東方航空521便で無事に夕方、成田空港に到着しました。
1日目に成田に忘れていったコートを会社の成田事務所に受け取りに行く。
初日、機内に入る手前でコートがないのに気がついた。
成田の受付してる時にイスにコートをかけたままだ!
飛行機が成田を飛び立つ前に、即行、会社に電話してキープしてもらっていたのだ。
成田に忘れ物をするなんて初めて・・・。
自分なりにショックでした。
パリ、ロンドンが予想より寒く、現地でコートを買ってしまいました。
忘れたコートが、もう何年か着ていたので、そろそろ欲しいとは思ってたけど
こんな形で買うとは・・・。



images.jpeg


   [時事通信社より抜粋]
◎麻生外相、IC旅券をPR=20日から申請受け付け
(時事通信社 - 03月17日 22:14)

 麻生太郎外相は17日夕、顔写真や氏名などの情報が記録されたIC(集積回路)
チップ内蔵のIC旅券(パスポート)の申請受け付けを20日から開始するのに先だって、
外務省内で旅券の偽造を見破る方法を実演しPRに一役買った。

 麻生氏は、自分のIC旅券の顔写真の上に別の女性の顔写真を張り付けて
電子機器で照合。スクリーンにはICチップに記録された麻生氏の顔写真が大写しとなり、
「偽造しても写真は偽物だと分かる仕掛け」と満足そうに説明していた。 


との事でした。これで偽造がなくなると良いですね。
空港のイミグレもIC対応に変っていくのでしょう。
これからお客様もお持ちになる方が増えていくのでしょうね。

各旅券センターでは、
IC旅券が導入される3月20日及びその後の数日間は、旅券の申請窓口が
大変混み合うことが予想されます。海外旅行の予定が当面ない方、又は、
お急ぎでない方は、この時期を避けて申請されて下さい。


自分のパスポートは10年のだけど、期限としては4年の残数があります。
去年に、24ページの増刷したものの、後、半年でスタンプがいっぱいなりそうな気配。
今年には、新しいICのパスポートになるかもです。



他にも、外務省のお知らせに、こういう事が書いてありました。

ICパスポートに使用しているICチップは、電子部品ですので、
取り扱いには十分な注意が必要です。

1.パスポートに強い衝撃を与えたり重いものをのせたりすることはさけて下さい。
2.持ち歩く際にはズボンの後ろポケットなどはさけてバックなどに入れて下さい。
3.保管するときは、テレビ、ラジオ、パソコン、電話、電子レンジなど強い磁気を
発生するもののそばや、高温になる場所はさけて下さい。


との事ですが、2番はICのパスポートでなくてもズボンのポケットに入れるのは
海外ではリスクが大きいので避けた方が良いと思います。


新しいICパスポートのお知らせは、こちらです→http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/index.html


(余談)
今度の旅は、20日からパリ・ロンドン・上海8日間の旅です。
つまり上海経由でパリに飛んで、パリには朝5時半に到着して
そのまま、バスで片道約4時間半モンサンミッシェルの観光に行きます。
モンサンミッシェルは、日帰りの旅です。
デジカメを購入してからも何度となくモンサンミッシェルに行きましたが
晴天にあった事がないのです。今度は、どうかな。
パリ2泊滞在後、ユーロスターでロンドンへ行きます。
ロンドン2泊後、空路で上海に飛び1泊滞在して帰国です。

この経路で旅慣れた方は、おわかりでしょう。
そう、中国の航空会社を利用します。
久しぶりに、ニーハオ!とか言ってしまいそうです。
というか、今のうちから体力をたくわえておかなければ・・・。


上海天気予報
 

ANAの機内映画では、チキンリトルとか、shinobi、ハリーポッター(炎のゴブレット)
ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!等、10本位の映画をやっていました。
過去のハリーポッターシリーズは、全部、機内映画で見ました。
しかし、疲れていて寝てしまい、あんまり内容を覚えてないのでした。
やはり、本からから見ないとダメなのでしょうか。

3人共、成長しましたね。
実は、後日談ですが・・・・
ええ、私、忘れ物しました。はい。

先日、3月11日に、イタリアからロンドン・ヒースロー経由で帰国したのです。
母は、まだイタリアに行った事なく、イタリアのパンは、どういうの?って聞かれた事があって
帰国前、ローマでパンと、モッツァレラチーズを買いました。
母に食べてもらいたくて、初めて、イタリアで、パンのお土産を買っていきました。

そして、その日、グループは、空港に向かいました。AZ(アリタリア)のスタッフが
今日は、グループ多くて忙しいから早くしてね。と言われ
嫌な予感?はしていましたが・・・
ローマからアリタリア航空で、ロンドン・ヒースロー経由だと
通常はスーツケースはローマから成田までスルーで行きます。
私達は、ロンドンに到着したら、スーツケースは自動で、次のANAに搭載されるので
お手回りの手荷物だけ持ち、もちろん入国もしないので、入国カードも書かず、
バスでターミナル移動して、楽チンのはずだったのです。

しかし、その日、ローマ空港の各カウンターで同じ仲間同士個人チェックインをしていて
お客様のタグを見たら、ロンドン・ヒースロー止まりになってるじゃないですか。
びっくりしました。これは、どういう事かというと、私達は、スーツケースを
受け取る為に、一旦、イギリス・ロンドンに入国してスーツケースを受け取り、
ロンドンのアリタリアの第2ターミナルからANAのある第3ターミナルまで
各自でスーツケースを持って、徒歩で行く事になるんです。
機内で入国カードも書かなくていいのに、書かなきゃいけないのでした。
この経由方法は、何回も行ってますが、こんなロンドン止まりのスーツケースは初めてのケースでした。
というか、ありえません。

AZ(アリタリア)には、シートリクエストの他に、電話と、当日、カウンターで
LHR(ロンドン)からANAに乗りますと、TKT(エアーチケット)まで提示してるのに
アリタリアのスタッフは、忙しさに紛れてスーツケースをLHR(ロンドン)止まりにしてしまいました。

アリタリアに言っても時、すでに遅し・・・
個人チェックインでしたので、いくつかの荷物はベルトコンベアーで流れていきました。
これ以上、クレームを申し伝えても時間がないので、おとなしく飛行機に乗り
で、ロンドンで入国して第2タミから第3タミまで歩いて行き、(バスもあるが遠い~)
ANAでチェックインして、無事に買い物時間も1時間以上できて、少し、ゆっくりできました。
会社で、お客様評価のアンケートが心配でしたが、何と、ほめられていました。汗


でで・・・話は戻りますが、その、ゆっくりしてる時間で、自分もホッとしてしまい
搭乗時間になり、お客様をゲートまでご案内して、ホッとしたつかの間
手に持っていたパンの袋が~~、出発ロビーのイスの上に忘れてきたのを思い出しました。
もちろん、お客様には内緒の事です。恥ずかしいですもの。
自分だけ走って戻りました。以前よりロンドンのテロ以降、空港内は厳しくなっていて
普通には、戻れなくて、何回もセキュリティーを超え戻った時には、イスの上のパンは
ありませんでした。(泣)全ては、忘れた自分がいけないのですが、
イタリアのパンとチーズを、母に食べさせたかったなあ。
今頃、誰かがパンを食べているのだろうか・・・


20060314001146.jpg


写真はロンドン・ヒースロー空港


今回は面白い?写真UP



ANAは今年で国際線定期便就航20周年という事で記念のケーキが機内食に・・・


20060312235926.jpg


6月2日からANAとか、全てのスターアライアンスグループは
成田空港第2ターミナルから、第1ターミナル南ウィングに移転するそうです。
慣れで体が意識的に第2ターミナルに行かないように気をつけなきゃ(自分)


3月8日は女性の日でした。そのプレという事でベローナの全ての入場料が
女性は無料でした。アレーナ(古代円形劇場も普段は男女共に4ユーロが
今日は、女性が無料で、男性は1ユーロでした)

20060313000443.jpg


ジュリエットの家の中も女性は無料でした。

20060313000552.jpg



フィレンツェで落書きしたら罰金1000ユーロって看板あるのに・・・

20060313000708.jpg


フィレンツェのアジアンフードを売ってる店にて。
葛澱粉が売ってましたが・・・日本の字が逆さまになってました。ワザと?

20060313000830.jpg


ローマの空港内にwarnerbrosの店が出来ていて、トゥイーティーがいました。
可愛いしぐさで笑顔と振りまいていていました。


おはようございます!
今日から、出発ロビーにある出発電光掲示板が新しくなりました。
以前より白い字で、くっきりと遠くからも、かなり見やすくなりました。

今の所、当初、予定していたアリタリアの飛行機のストライキは
回避されたようですが、イタリア全国空港の管制塔が午後4時まで
ストライキ予定みたいです。
私達の便は、午後9時にイタリア到着だから大丈夫かな。

先月、同じコースに行きましたが、飛行機はルフトハンザ航空でした。
今日は、成田空港で、その飛行機は欠航です。
今回が、それだったらと思うと・・・
人生、一寸先、何があるか、わかりませんね。
では、行ってきます。
世界で好きな国は、たくさんあるのですが
今月、もしかして添乗で、また中国に行けるかもです。

ご存知のようにイタリアは、好きな国でもあり、プライベートでも多く行っている国です。
その次くらいに行ってる国って、中国なんです。
ハルピン、瀋陽、長春、大連、丹東、北京、瀋陽、西安、
青島、四川、上海、桂林、石林、洛陽、深圳、天津、重慶、無錫、呼和浩特
杭州、広州、南京、昆明、敦煌、内モンゴルなどなど・・あと忘れました。

このイタリアの次のコースは、パリ、モンサンミッシェル、ロンドン、上海です。
なかなかユニークなコースで好きなコースの1つです。
8日間のコースなので上海が駆け足観光なのが残念ですが、
外難の夜景が素晴らしい所です。会社には、中国をリクエストしてたのですが
なかなか行くチャンスがなかったでした。
会社では、アジア地区は添乗員のコストが安く、あまりアサインが来ません。
中国に行きたいとリクエストしても会社は良い顔をしませんでした。
どうしてもコストが高いヨーロッパや北米とか、他の国にアサインされるんです。

今回のコースは、ヨーロッパも中国も入っているので両方兼ね備えていて
ようやく・・・行けるかも?という感じです。(嬉)
中国の夜は、辛いものは、かなり辛くてもいけるので、地元の知り合いと
町に出て火鍋を食べに行く事が多いです。
お客様が、お疲れでなければ、お誘いして一緒に行った事もあります。

最近は、もう行けない国なのかな・・と諦め気味でしたので余計に嬉しく思います。



話は変わりますが・・・
3月4日からのイタリアは、やはり35名のお客様・・でした。
日系のエアーでLHRまで行き、そこからAZ(アリタリア)でミラノに行くんですが・・・
何と、AZで、ストライキの予告が・・・
中止になりますように・・・


この後、もし時間が出来たら、旅の未公開写真を
写真集にUPする予定です。
ブログの左のバーに表示されてる写真集です