FC2ブログ

07月≪ 2005年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2005.08/03(Wed)

エアフラの事故で思い出した事 

airfrance01.jpg

【写真 エールフランス航空 これはエアバスではないです。】


ニュースを見たら、エアフラ(エールフランス航空)が、カナダ・トロントで
オーバーランして事故したニュースをしていました。
エアバス・・・・以前も・・・・ありましたね。

その事故の当日は、雷と豪雨だったらしいけど、
その空港に着陸するか、どうかは機長の勇気もあると、
ちらっと聞いた事ありますが、
もちろん他にも、いろんな諸事情が あるんだと思います。


自分も、以前、同じように、雷と豪雨での着陸を
イタリア・ミラノで経験した事があります。
それは、ツアー初日でした。
日本から フランス・パリ シャルル ドゴール空港(CDG)を
経由して、CDGからは、アリタリア航空(AZ)で
ミラノ・リナーテ空港へ向かう時、
やはり、豪雨と、雷ゴロゴロの状態でした。

そして、機内アナウンスがありました。
「機長は、これから着陸を試みますが、
もし不可能の場合、ミラノ・マルペンサ空港に飛びます。」

3回着陸態勢に入ったが、難しかったのか、結局、飛行機は、
ミラノ・マルペンサ空港へ移りました。
AZは、元空軍のパイロットも多い所でも有名です。

リナーテ空港も、マルペンサもミラノの空港です。
当時は、直行便は、マルペンサで、リナーテは欧州線発着路線でした。
リナーテ空港は、市中心から車で20分、マルペンサ空港は、市中から
車で45分~1時間かかります。ホテルは、市中心です。
安全の為には、仕方ないといえ、もう夜の10時です。
情報は、行ってるはずですが、マルペンサ空港に到着して
即行、ランドオペレーター(ヨーロッパ手配会社)に電話して、
空港変更を告げました。
リナーテ空港で待機してるツアーバスを
マルペンサ空港にまわすと、こっちに来るだけで 約1時間かかります。
そのツアーバスに乗って、また市中に行くと、更に1時間かかるんです。

夜も遅いので、時間がもったいないので
AZ(アリタリア航空)の手配してくれた乗り合いバスで
ツアーのお客さんと、リナーテ空港に向かいました。

空港変更の場合には、該当の航空会社のバスシャトルが、
飛行機に乗っていた人々を 当初目的の空港に向かうサービスをします。

まだ初日で、名前も顔も覚えてなく、席もイタリア人と混載で
大変だった記憶があります。
59席のバスの席は、満席で私の席がなくドライバーの横の
補助席に座らせてもらいました。

そのトロントの着陸前の機内は、かなり怖かったはずです。
今だから言えるけど 私も、そのイタリア・ミラノの豪雨の中を
着陸しようかという時は、
揺れてて、本当に怖かった思い出があります。

トロントの事故では、残念な事に怪我人はいましたが 
約300人の無事は、本当に良かったと思いました!



それにしても、いつも思うけど、エアフラの機長は勇気ありますね。。
去年、11月のツアーでエアフラ(AF=エールフランス航空)で
早朝に、成田に着いたんだけど、台風くずれの大風で
私達以外の飛行機は、皆、関空にまわってたのに、
私達は、大風の中を かなり揺れながら・・成田空港に到着したんです。
ジェットコースター状態に近いものがありました。
その時の旅日記 ←ここをクリックすると、その事が書いてあります。


つい、その事を思い出してしまいました。





人気プログへ
  




【編集】 |  22:06 |  旅行トラブル  | TB(0)  | CM(18) | Top↑
 | BLOGTOP |