毎日の生活や、旅の仕事を書いた日記です。

2005/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312005/04

3月は、かなり忙しかったが、ようやく一段落しました。

会社にツアーの帰着報告に行ってきました。

GWで、また来月から忙しくなるので、今日から少し

休養をとる事にしました。

4月イタリアの後、GWは予想通りフランスに行く予定です。

会社に行ったら、親しい仲間がいて、久しぶりに会社近くで

お茶を飲みました。皆、元気そうだった。

今日は、木曜日なのでツアーの打ち合わせで、皆、会社に

来てたのです。週末出発のツアーの為に、多くの添乗員がいました。

4人の友達と、打ち合わせの仕事が終わったら、飲みに行こうかという

話も出てたのですが、私は、添乗員でない、別の友達が

春の人事異動で、東京から地方へ行くので、そのお別れ会があって

それに出る予定があり、別れを惜しみながら、サヨナラする。皆は、

お客さんの家にツアー出発前のご挨拶の電話をする為に

また会社に戻って行きました。 私は、休養のために、しばらく

仕事は休みです。皆が働いている時に休むのって

少し、寂しいような、嬉しいような気がしました。(どっちだ?

私はメールで友達と連絡を取りながら、東京駅に向かい

「駅についたら、いのししの(子豚)の像の前で待ってて。」

とメールで言われ、行ったら、何と・・・


東京駅にも、フィレンツェと同じような いのししの像が

あるではありませんか。。ご存知の方も多いかもしれませんが

私は、ビックリしました。その像の下の看板には、

【本物はフィレンツェ・ウフッツィ美術館にあります】と

書いてありました。

これは、フィレンツェ市内にある青銅製のレプリカの

コピーです。やはり、鼻をなぜると幸せになれるというので

なぜてきました。

皆さんが、鼻をなぜてるせいか?鼻が金ぴかに光ってました。

東京駅に行かれたら、是非、いのししの鼻を触ってきてくださいね。

フィレンツェを初めとして、世界各地にある、とても有名な像なんです。

ずっと東京エリアに学校、会社があって、そこも、通勤・通学エリアだったのに

なぜ、今まで気がつかなかったのかなぁ?

(◞_◟) 不思議 ???


ずっと前から、イタリアツアーで知り合って仲良くさせて頂いてる

カプリ会よりメールがありました。

皆様も、仲が良く親戚より年に4回は会ってるメンバーです。

この前も、皆でツアーを企画して韓国に行って来ました。


以前のイタリア・カプリツアーで知り合いました。

来月、その副幹事さんの家で、お花見があります。

去年も、行きました。庭で14名でバーベキューをしました。

今年も、行こうと思います。



こういう出会いは、自分にとっては、いつでも楽しみなんです。


皆様、これからも、誘って下さいね。
帰りは、フランス・パリから、フランクフルトまでは

ルフトハンザ航空でフランクフルトまで飛びました。

そしてANA(全日空)210便で、成田へと飛びました。

それは、満席ではなかったけど、少し席が空いてる程度でした。

帰国便の日系便はNHKニュースをテレビ画面で

放映してくれるのですが、その内容の中に

○○航空が、乱気流に巻き込まれ、16人が怪我で

成田に緊急着陸とニュース画面に出ました。

何回も、何回も機内で、ビデオを通して放映してくれました。



で、私達は、緊張して、いつもよりベルトを強くしめましたし

ANAの機長も、機内アナウンスで、ベルトをお締め下さいと

何回も、言ってました。。


緊張して成田に、向かいましたが、幸いにも

揺れはありませんでした。無事に到着しました。ホッ
パリの観光の日でした。

でも、復活祭で店も、ほとんど休み、博物館も・・・。

ヴェルサイユ宮殿は、やってましたが、すごい行列でした。

明日も、25年ぶりにヴェルサイユ宮殿を開けるそう。。


パリ市内に戻り、久しぶりにアジアの味の中華を食べる。

そこに、毎日、そのレストランに来てるという87歳の女性が

いらしていました。フランスでは、どんなに年老いても

子供とは、暮らさないのが普通だそうです。

子供は子、親は、親で。。お互いに、その距離を保ってるそう。

日本とは、ずいぶん違うんだな。


今日も復活祭の連休で、やってる店は、免税店位。

でも、このツアーは周遊なので、ブランドを希望の方は

すでに、リヨンで購入してもらいました。

理由は、この日が休みだからです。

フランスで買い物の希望の、お客様にとって店が休みなのは、

かなりショックかと思います。

それで、前もって、お知らせしてましたが

ヨーロッパでは、日本と違い・・・キリスト絡みで、

予期せぬ休日もあるわけで・・・・(・・*)ゞ 汗

ツアーを申し込む前に、確認して下さると良いかと思います。。


セーヌ川クルーズも、連休というだけあり、すごい人でした。

雨が降らなくて良かった。。

paris01.jpg

LDC(長距離ドライバー)にしては、道を知らないドライバーでした。

性格は、とても良いのですが・・・

もう少し前調べしてくれれば良かったのになぁ。

それでも、道を変更させて何とか時間前に、

MSM(モンサンミッシェル)到着しました。ホッ  ヘ(;´o`)


この時、お客様は、この事は、何も気がついてないと思いますが

あまりに道を知らないドライバーなので、ランドに電話して

ドライバーを変えてもらうように、お願いしました。

でも、代わりの人がいなくて、ランドより、マップが

ファックスで送られ、私とドライバーで地図を見て

何とか、TGV(フランス新幹線)の出発時間に間に合いました。

こんな事は、お客様には言えないので、黙ってました。

でも、こんなドライバーさんは、かなり珍しいです。

めったには、おりませんので安心して下さい。

(これは、TGV(新幹線)に間に合った今だから言えますね)

レンヌ駅には、ランドのガリバーの送ってくれた地図で

余裕を持って到着できました。ホッ。。

私達は定刻5時02分にレンヌ駅からTGVでパリへと出発しました。

パリのホテルはソフィテル パリ ポルト ド セーブルでした。

お洒落で素敵なホテル。イタリアにも、こんなのあったら良いな・・







paris03.jpg

ホテルは、アヴィニョンなので、今日のDEPは9時でした。

ガイドさんと会う前に、時間がもったいないので

最初に、サンベネゼ橋を訪れる。そして「LE PICHET」で

プロヴァンス料理を食べる。ここも評判が良い店でありました。

お昼の後、リヨンへバスで移動。

フルビエールの展望台よりリヨンの町を一望する。

夕食は、ブタのグッズが並んでるレストランです。

「AUX TROIS COCHONS」意味は3匹のコブタです。

ここも、なかなか面白いレストランでした。


写真は、そのレストランの中です。
sekai21.jpg

朝8時にニースをガイドさんとバスで出発しました。

そして、お決まりの景色の良いモンボロンの丘に行きました。

シャガール美術館が修復中なのでマティス美術館に行きました。

マティスも良いねぇ。シャガールは修復を利用して

絵を貸し出してるから当初開始予定より少し時間がかかるかも?

お昼は、「LES METS DE PROVENCE」で、ニース風サラダと

ローストポーク・洋ナシタルトでした。

一般的に、フランス料理は評判が良いのです。


午後は、ローマ時代と、ゴッホの歴史の多く残るアルルへ。

市庁舎と、聖トロフィーム寺院のレプブリカ広場、

紀元前の建物が残るフォーラム広場、たくさん見ました。

ゴッホの絵の一部が日本に来てますよ。

かなり有名な絵ばかりなので興味がある方は

是非、ご覧になってくださいませ。


写真は、ゴッホの「夜のカフェ・テラス」のモデルの

カフェ ラ ニュイ




sekai11.jpg

この日、11時55分に全日空201便で、イギリス・ロンドンに飛び

ロンドンからは、ブリティッシュ ミッドランド航空でに

フランス・ニースへ飛びました。

でも、お客様のスーツケースが1個届きませんでした。

すぐに、ニースの航空カウンターで手続きしました。

明日は、同じ夜の便でニースに到着して、あさって航空会社の

車で、リヨンのノボテルホテルに送ってくれるそうです。

自分自身でも3回位、ロスバゲを経験しているので辛いです。

皆様、いつもあるわけでないですが、決してないわけでないので

乗り換え便がある時には、1泊分か必要な物は手荷物にしましょう!

ホテルは何十回も泊まってるフランス・アクロポールニースホテルです。

ここのフロントと、ポーターは、早くて手際が良く最高です。


写真は、アクロポールニースホテルです。
sekai01.jpg

日記とか、写真のUPをしたいと思います。

フランスの後は、しばし休養なので、その間にできるだけ

作業をしようかと思います。

BLOGにしてみたので・・・どなたか、

コメントに書き込んで下さったら、良いなぁ。
イタリアでは、3月8日は女性の日です。



祝日ではないけど、男性から、女性に

ミモザの花をプレゼントする日。



彼から 彼女へ

旦那さんから 奥様へ

店の魚屋さん、肉屋さんから お客さんへ



男性から、普段の感謝の気持ちを込め

女性に優しくミモザの花をプレゼントする日。



男性から女性であれば・・・誰へでもOKなんです。



男性が、わざわざ花屋さんに行って、ミモザを買うのでなく

その辺りにミモザが多く咲いているので

そこから花をとってプレゼントするのだ。



町は、ミモザだらけになる。。



素敵な習慣☆

mimoza.jpg