毎日の生活や、旅の仕事を書いた日記です。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

管理人は、更新が早い時は超早いのですが、諸事情で遅くなる時も多いです
ようやく更新出来ました・・・汗

このツアーは、今年の8/4発 シャモニーとイタリア周遊ツアーでした。
それも夏だけ限定物で、これが1本目のツアーでした。
シャモニー(モンブラン)とイタリア周遊のツアーは
今まで、こういうツアーは、ありそうでなかったツアーでしたので
私もですが、皆さんも期待にあふれてました。

それに過去に何度か管理人がモンブランに行って、
今まで最高の天候に恵まれた日でもありました。
こんなに綺麗に見えたのは初めての日でもあったんです☆


では、8/4発のシャモニーイタリアツアーをご覧下さいませ。


今年はKLMにはお世話になってるね。おなじみKLMの機内食

20070904034403.jpg


ジュネーブから夜中にシャモニーのホテルに到着して朝、ホテルのベランダから
モンブラン山群がバッチリ見えた~

20070904034608.jpg


ホテルのすぐ後ろにモンブラン山群が見えます。

20070904034711.jpg


ホテルのロビー(町の中心にあるホテルだけど山小屋風の雰囲気)

20070904034720.jpg


麓から、ロープウェイで20分位で頂上まで登れるのです。
例えば、ロープウェイだからヒールでも行けるのです。
今まで、ここに来て、こんなに綺麗に見えたのは初めての日でもありました。
この日の、この山の上の気温は3度でした。ここにしては寒い方ではなかった。

20070904035115.jpg


この日は、グランドジョラスは、もちろんの事、スイスのマッターホルンや
スイス最高峰のモンテローザも見えたのです。写真をクリックすると拡大します。

20070904035351.jpg


3842mの見晴台から下を見るとシャモニーの町も綺麗に。
下に見えるのは、3777mの展望台。ここは3842mです。
仕事だと別人のようになりますが・・・本当は・・
怖い・・・。言い忘れてましたが、管理人は高所恐怖症でした

20070904042153.jpg



午後はシヨン城へ移動です。シャモニーから車で1時間半位です。
イギリスの詩人バイロンの詩「シヨンの囚人」「シヨン城詩」の舞台として知られている。

20070904035929.jpg


バイロンはイギリスの詩人です。ここを訪れた時にサインしました。
バイロンなので保存してありますが、一般の方はサインは出来ません・・汗

20070904040145.jpg


シヨン城の窓から外のレマン湖を見る

20070904040311.jpg


シヨン城の後、またホテルがあるシャモニーに帰ってきても
まだモンブラン山群が見える。今は午後5時位。

20070904040604.jpg


夕食はオプションでジュネーブまで移動します。シャモニーからは
車で約1時間ちょっと。
夕食はミートフォンデュですが画像はないです。食べちゃった後でした。
ジュネーブはスイスで、シャモニーはフランスですので国境を越えて行きます。
国境はノーチェックです。フランスなので、パリ方面の看板も見えます。

20070904040954.jpg


この日は、スイス、シオン駅からイタリアのミラノへ移動です。
シオン駅です。

20070904041421.jpg


このシオン駅が始発でないので各自スーツケースを持って電車に乗り込むのは大変でした。
始発はジュネーブ駅です。

20070904041700.jpg


車内では、国境警察が回ってきてパスポートチェックするはずでしたが
あまりにも満席で(立ってる人も多く)両手を広げながら通り過ぎていきました。

イタリア側に入ってからは車窓からマッジョーレ湖が見えます。

20070904041950.jpg


無事にイタリア・ミラノ駅に到着です。
この電車が今まで乗ってきた国際特急列車チザルピーノです。

20070904042606.jpg


最初のイタリア料理は、ポモドーロ(トマト)スパゲティ。美味しい。

20070904042959.jpg


ミラノ・ドォーモは、いつ完成するのでしょう。予想通り、まだ完成してなかった

20070904043130.jpg


フィレンツェに来たらミケランジェロ広場から町が一望できます。
管理人は、ここに来ると興奮してしまい、こういうアングル写真を何度も
撮っちゃいます。過去に、何枚も同じ写真を撮った事か・・・汗

20070904043326.jpg


日本ほどではなかったけど、イタリアも暑かったのでグラニータを飲みました。
真ん中は、カプチーノのグラニータです。イタリア版かき氷です。

20070904044002.jpg



フィレンツェ中央駅の地下街。日本でいう八重洲地下街の小さい規模のもの。
ホテルはカレンツァーノにあり、タクシーだと40ユーロだというので
自由行動の方々と一緒に市バス(1.2ユーロ)で帰りました。
駅から2番のバスで約40分程です。
毎年、何回もイタリアに来てるけどフィレンツェ自由行動は久しぶり。
今後の参考の為に、町を歩きまくりました。

20070904043458.jpg


ローマで昼食。このレストランは添乗員になる研修の時に行った所です。
レストランは、テルミニ駅近くのMangroviaです。
テルミニ駅の横にある新鮮な魚介類が豊富なレストランです。
ツアーでも度々、利用してたけど、値段が高くて、だんだんとツアーでは
利用しなくなって行きました。美味しいんだけどね。高級になっちゃった。
ツアー料金が安くなるという事は、こういうレストランも利用しにくいという構図が・・
この日もグループは私達だけでした。繁栄期の時は100人位の人々で混雑していたのに。

153928.jpeg



20070904044107.jpg


フォロロマーノも化粧して白い柱が立っていました。ファッションショーがあるとの事。
そういえば、いつもは見えない白い柱が多くありました。

20070904050342.jpg


夕食は、スズキのグリル。シンプルだけど美味しい。
ガーリックとオリーブオイルが決め手かな。
頭の位置が・・・違うみたい。

20070904050538.jpg


ローマのホテルの昼の時と夜の時。夜はライトアップが綺麗。
プールサイドではBARもありミュージシャンが演奏している。

20070904050625.jpg


20070904050638.jpg


超久しぶりにカプリ島に行きました。何十回行ってもカプリ島いいね。
管理人のメインHPもブルースカイカプリだ~~(笑)

20070904050844.jpg


でも、残念ながら目玉の青の洞窟には入場出来ませんでした。
以前はなかった、各言語で書かれた中止の看板がありました。

20070904051040.jpg


この晴天で入れない原因は風のせいです。
会社では、青の洞窟に入れるかの統計を取ってるんですが、
2005年度は80パーセントだったのに、2006年度は50パーセントです。
年々の異常気象で入れる確率が低くなってます。
もし入れた方は、すごくラッキーです。喜んで下さい~。

青の洞窟を上から。波しぶきがすごいです。

20070904051658.jpg


この日は、こんなに快晴でも入れなかったのでした。

20070904052619.jpg



それでは以前、青の洞窟に入った時の画像をご覧下さい。
入るには海側から行くケースと、画像のように陸から行くケースがあります。

20070904052020.jpg


洞窟の中は幻想的で、本当に綺麗な青です。

20070904052146.jpg


20070904060640.jpg



カプリ島には、まだまだ素晴らしい洞窟があります。
以前、カプリ島に3泊したツアーの時の写真をご覧下さい。
1日、カプリ島に3泊して1日、自由行動の日がありました。
カプリ島1周クルーズ船に乗ってみました。

20070904052949.jpg


白の洞窟。良く見ると中が鍾乳洞のようになっていて、
上の穴の右側の方に自然にマリア様像が出来ています。


20070904053136.jpg


エメラルドの洞窟

20070904053149.jpg


カプリのシンボルの1つファラリョーニの岩をクルーズ。

20070904054951.jpg


20070904055001.jpg


ファラリョーニの岩のくぐると幸せになれるそう・・・

20070904055013.jpg



アウグスト公園からファラリョーニの岩を眺められます。

20070904053719.jpg


カプリ島のマリーナグランデの港

20070904055720.jpg


カプリのお昼は、トマトとモッツァレラチーズのカプレーゼ




前菜(プリモ)はトマトを使ったパスタ。
シンプルだけどトマトとオリーブオイルが美味しい。




過去の画像を振り返りながら(管理人が一番陶酔してたりして・・汗)
夏の限定版のコースをご覧頂きました。
評判が良ければ、毎年の定番コースにするらしいです。


ここまで読んで下さり有難うございました♪




出来れば近状報告も願います。との事ですので書いてみます。(*^ --^*)ゞ


ここだけの話、ナニゲに明日、私は誕生日みたいです。
去年は、母が入院していて1人ぼっちの誕生日で何もしませんでしたが
今年は親子で迎えられそうです。
お陰様で、今の所、母も日増しに元気になって去年、危篤と告げられた人とは
別人のようです。去年の退院当時は白髪がまじっていた髪が染めないのに
最近は、黒々してきた母です。(*○*;) ギョッ
何か若返った母です。娘としても、かなり嬉しいです。

この前、押し売りのような電話が家にありました。
で、ヒマだったもんですから、相手してました。

相手「○○証券です。お父さんは、今、家にいますか?代わって下さいませか。」
私 「いつも家にいてほしいのだけど、ここ3年は忙しくてバタバタしてます」
相手 「お忙しい方なんですね。」って言うから
私  「先々週のお盆は家に帰ってきました。」
相手 「ははん、お盆休みで帰られたのですね。お疲れ様です」

と、電話を切ったんですが。今になり、父の名前で来る電話は怪しいですね。

その父の3回忌が今週、行われます。
私が運転して、車で長岡まで行きます。台風も近づいているみたいだし、
毎年、行ってるとはいえ今からドキドキです。
千葉から出発して中野の親戚の家に寄ってから行きます。
うちの車のナビは古く新しい道が表示されないので、去年みたいに
道がないと思って外環を降りてしまいました。ちと憤りを感じます。
新しいナビ買おうかな・・・

以上、近状報告でした☆