毎日の生活や、旅の仕事を書いた日記です。

2018/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/08


先日の(去年12月)カッパドキアから、イスタンブールへ。

音楽付き

編集しました。









宜しかったらクリックを、是非、お願い致します…














インターコンチネンタル ホテルの朝食です。














はちみつ



ロクム






ランチレストラン












大学








ブルーモスク





観光客でも、女性は、スカーフを頭に巻かないと入れません。
自分のスカーフをしても良いですし、スカーフ無料貸し出しもあります。

















昔からの建物を利用したハマム







トプカプ宮殿





ハーレム





















アヤソフィア寺院と、トラム



警備は強化されている












グランドバザール入口

手荷物検査ができてました。


グランドバザールには、4000軒の店があります。

























金の店













紅白のチョッキ着てる方は、銃を持ってます









イスタンブール空港


24時間空港

この時点で午後10時位








この日はクリスマス…(´-`).。oOイスラムだけど…











イスタンブール、TKラウンジ







会社にFAXと、コピーをしたかったのでラウンジは有難い。








仕事柄、いろんなラウンジに行きましたが、豪華、、広い!


ラウンジの上の階にも食事はありますが、下の階は、食事が豊富。









上の階ではトルコピザ実演中














深夜0時なのに、ラウンジの子供逹は、ゲームに夢中。









ラウンジのトイレ








機内食

2回出ましたが、2回目は、(´-`).。oO 寝ていて不明















成田には午後7:30に到着しました!


トルコ旅日記は、これで終了です。






トルコが、今年、最後のツアーでした。


次回は、来年、南仏ツアーです。

パリ、モンサンミッシェルには行かないツアーです。



ご愛読、有難うございました。m(__)m


来年も宜しくお願い致します m(__)m










宜しかったらクリックを、是非、お願い致します…











24日の朝、起きたら、カッパドキアに雪が降りました。






ウチヒサールカヤ ホテル玄関














ホテルの朝食




























朝食の後は、この日は、カッパドキアから、イスタンブールに飛行機の移動です。


バスで、雪道を走ります。

チェーンはつけてません。











カッパドキアの空港は小さくゲートは2つしかありません。


1日3便だけ。






ターミナルから歩いて飛行機へ。


ON TIMEに出発しました。





アンカレッジみたい。


私が、この仕事をした時には、アンカレッジ経由はなくなりましたが


以前に、上空で燃油放出してからアンカレッジに緊急着陸した事あります。













カッパドキアからイスタンブールへ。



























イスタンブール空港到着




















イスタンブールのランチ レストラン

ドリンク代金は、トルコリラの他、¥、€、$てま払えます。






ドネルケバブ





ブルーモスク








アヤソフィア寺院


トルコのイスタンブールにあるアヤソフィアは、 イスラム教とキリスト教が調和した博物館です。

アヤソフィアは、トルコのイスタンブールにある博物館。

東ローマ帝国時代に正統派キリスト教の大聖堂としての建設を起源とし、帝国第一の格式を誇る教会、コンスタンティノープル総主教座の所在地であったが、1204年から1261年まではラテン帝国支配下においてローマ・カトリックの教徒大聖堂とされていた。


入口























左が、モハメッド
右が、アラー






この穴に、親指入れて360度、回転させると、願いが叶うとか、、


指を回すのに必死で、願いを言うのを忘れました…

(´-`).。oO







下。これは鏡。

鏡に壁画が写っている。








奥の建物が、アガサ クリスティのオリエント急行殺人列車に出てきた駅舎。




















午後3時にホテルにチェックインして、夜のベリーダンスまで休憩です。

イスタンブールのホテルは、インターコンチネンタル ホテルです。












ホテルの入口は、空港のようにセキュリティチェックがあります。



















ロビー





















ホテルの部屋















夕食のベリーダンスショー出発まで時間があるので、お客様からのリクエストがあり、希望の方をタクシム広場へ、ご案内しました。



おっ!ワトソンズがある!








以前、タクシム広場で自爆テロがあり、多くの人々が亡くなりました。


ここを案内するのは怖かったが、、何ともなくて良かった…






タクシム広場からホテルまで、徒歩5分位。











夜になりライトアップしました。













夕食レストラン


夕食は、ベリーダンスを見ながら…(´-`).。oO






この日はクリスマスイブ (´-`).。oO








前菜





メインは、チキン、サバグリル、ビーフステーキの中から選べる


これはサバグリルです。







ベリーダンス








イスタンブールにある水道橋







ホテルへ










宜しかったらクリックを、是非、お願い致します…












トルコからメリー クリスマス🎄


(´-`).。oO







イスタンブールのホテルも、なにげにクリスマス風


















宜しかったらクリックを、是非、お願い致します…







世界遺産パムッカレの石灰棚














以前は、気球といえばカッパドキアでしたが、最近は、パムッカレもあるんだね。

私もトルコは久しぶり。

ガイドさんも仕事が久しぶりなもんで2人でビックリでした。











気球が、石灰棚に近づいてきました。





近寄り過ぎなんじゃ…(´-`).。oO

見てる、こちらがドキドキでした。







ここには2世紀頃、ローマ帝国の町が存在してました。
今はヒエラポリス遺跡です。
















パムッカレを、出発して、途中、ディナールで休憩。

はちみつヨーグルトが有名。





トルコピザ

イタリアのとは味が違う。





コンヤの街中

青い丸印が、コンヤです。




コンヤはイスラム神秘主義メブラーナ教の聖地です。
宗教色が濃く、街行く女性も頭をスカーフで覆っている人が多いです。














トラムの後方車両です。





インジェミナーレ神学校

1267年にイスラムの神学校として造られた。







ミヴラーナ博物館


旋回舞踊で有名なメヴラーナ教団の総本山だった場所。
教団の発展に関係した修行場、名僧たちの棺が置かれた霊廟、旋回舞踊で使った衣装、 コーランなどが収められています。














内部は土足厳禁。

靴の上にビニールで覆い中へ。









下の写真は、メッカの、カーバ寺院。

カアバは、メッカのマスジド・ハラームの中心部にある建造物で、イスラーム教における最高の聖地とみなされています。




















皆さんが見てるのは、モハメッドのヒゲが入っている箱…



しかし、、、ここで祈っている人もいますが、正体は不明らしい。

何故なら、イスラムは偶像崇拝禁止なのでDNAも調べられないらしい。






アラビア語、アラーは、スペイン、アルハンブラ宮殿や、あちこちにあるので、アラーだけ、わかるようになりました。








コーランは、芸術品



















コンヤのホテルは、リクソスホテル。









14階の部屋





セマー。
ぐるぐる旋回しながらアラーと一体となる宗教儀式。




トルコは、夕食、朝食、バイキング。












朝食




















コンヤの後はカッパドキアへ行きました。




赤印が、カッパドキア。












カッパドキアに行く途中の、キャラバンサライ。

ペルシア語で「隊商宿」の意味。
隊商のための取り引きや宿泊施設を指す。バザールやスークに隣接して建てられました。








カッパドキア





カイマルク地下都市



カイマルク地下都市に行く途中の土産屋。




アラブ人から逃げるために、 キリスト教徒が住んだともいわれている。

地下8階にもおよぶ大規模な地下都市。

かつては5000人もの人が住んだとも言われ、礼拝堂、台所、寝室、学校などなど、、、










教会






石で出来たドア







土産屋

























ギョレメ野外博物館

1985年、世界遺産

ギョレメ野外博物館では、中世のキリスト教修道士たちが岩を刻み、彫って作った教会が無数に公開されています。



内部は、写真撮影不可











アップルチャーチ



内部は撮影不可なので、アップルチャーチの出口だけ。




パシャバー







ラクダ岩




有名なスリーシスターズ







洞窟ホテルとしては最初に建てられたウチヒサールカヤ ホテル

昔、菅野美穂さんが、トルコ旅番組で、ここに泊まっていました。




フロント



レストラン




















カッパドキアは、青い丸印の所です。






まだまだトルコ旅は続きます。



次は、イスタンブール観光です。






宜しかったらクリックを、是非、お願い致します…








今はカッパドキアです

地図の青い丸です。






スリーシスターズの岩が有名です。








次の記事は、パムッカレの気球と、カッパドキアです。





宜しかったらクリックを、是非、お願い致します…

















トルコの高速道路




今回、お世話になったバス

トルコもwifi free天国








チョプシン




アルテミス神殿





コリント式の円柱の上には、コウノトリの巣














エフェソス遺跡



前回な2013年に行った時は、エフェソス遺跡は世界遺産でなかった。

2015年に世界遺産になりました。






見つかった水道管



発掘された水道管。

















エフェソス遺跡も、ネコニャンばかり~。




小劇場

























勝利の神 ニケ

ナイキは、ニケからとった名前





こんないっぱいの人がいても日本人グループは、ん
























昔のトイレ

















売春宿への道しるべ

ポンペイにもあったなあ。まったく (´-`).。oO





手書き

立ち入り禁止マーク (´-`).。oO





大劇場






大劇場の下






良く保存してある












伸びるアイスクリーム





革製品の店ではファッションショー









この辺りは、







この日のホテルは、パムッカレにあるホテル

温泉ホテルです。

お部屋のバスにも温泉が出ます












部屋は、コテージタイプ













トルコは、夕食、朝食は、バイキング









次は、トルコ、世界遺産パムッカレの石灰棚です。




宜しかったらクリックを、是非、お願い致します…













前回、トルコには、いつ行ったか過去ブログで確認したら、トルコには2013年に行ってました。


だいぶ変わってた。


エフェソス遺跡が2015年に世界遺産になってました。


遺跡は、破壊されると大変なので、銃を持った多くの軍人が入口と出口を守ってました。

以前は、軍人はいませんでした。





元々、猫が多かった場所。


君たちは、世界遺産に住むネコニャンだ。






















ツアー3日目の旅日記は、また、後で書きますね。






宜しかったらクリックを、是非、お願い致します…











ニュースなどで、ご存知のように、トルコは、いろいろあって、約2年間ツアーが、あまり、ありませんでした。


現地トルコのガイドさんは、、約2年間、日本人グループの仕事なくて辞めて行く方もいましたし、日本人ツアーは少なくなっても、中国人ツアーはトルコは多いので中国語を学ぶガイドさんもいました。




トルコ航空の客室乗務員になってた元ガイドさん、機内で発見しました!






今回、行ってるトルコツアーは、このコースが復活して2本目です。





トルコ航空は、トルコ以外の国に行く時でも、普通に会社のツアーで利用しています。









では、ブロガーの自分は、機内の様子から報告します。




未だに、エコノミークラスでも、アメニティーがつきます。




中身は、アイマスク、スリッパ、リップクリーム、靴下、耳栓、歯ブラシ。




機内エンターテイメント
(充実していそうで、そうでもないけど、以前より断然、良くなりました。)




















このトルコ航空は、成田を21:40に出発してトルコ、イスタンブールに4:35に着きました。


機内食




最初の機内食は、23時頃

トルコ風ハンバーグです。トルコ風だから、バリバリ香辛料のハンバーグ。








イスラム教徒は、1日5回、聖地メッカの方角に礼拝します。



トルコ航空は、イスラムの航空会社だから、航空マップにメッカの方向が示されている。

右下にメッカの項目…




シリア上空を避けて…





トルコだけど、日本から約12時間かかります。

12時間なら、パリまで行けちゃうね。










イスタンブール到着前、現地時間、午前2時位に、機内食が出ます。

空腹と、眠気との闘い…




空腹が勝った!大汗






上のメニュー表にもありますように、和食は、スズキグリル。

洋食は、スクランブルエッグ




これは、和食のスズキグリル。





午前4:35にイスタンブールに到着して、そのまま観光突入!



今回、トルコ航空機内には、他社を含め5つのグループが乗っておりましたが、トルコに入国したのは私達のグループだけでした。

他のグループは、他社で、イタリアとか、スペインとか、トルコでない国へと行ってしまいました。






入国審査は、日本人グループは、私達だけ。

ガラガラ…。


シーン






日の出は08:25。


マルマラ海をフェリーで渡る。



ゲリボルの港(トルコのヨーロッパ側)






ラプセキ港(トルコのアジア側)






ランチは、クロダイのグリル




エーゲ海








午後は、観光


世界遺産 トロイ遺跡


以前から、ここは猫が、多かったが、、
にゃんと!ニャンコ遺跡になってた感がします。














トロイ遺跡、私達だけで貸し切り状態。


穴場です。( ̄ー ̄)




トロイの木馬

(ウィルスじゃないよ)









いつも、トロイ遺跡は晴天…














発見された水道管…

発掘調査中






ホテルには午後4:30に到着しました。










ホテル前はエーゲ海












ホテルの部屋から。






ホテルロビーには、サンタさん。

BGMは、ジングルベル…

イスラムですが、、












明日は、トルコツアー3日目です。


お楽しみされて下さいませ( ̄ー ̄)








宜しかったらクリックを、是非、お願い致します…









今日のエアーは、トルコ航空。


午後9時40分発です。





成田空港





成田空港に早く着きすぎて、ゴールドカードのカードラウンジで、一服。





コーヒー美味しい~~










トルコツアー14名様






成田 スタアラ ラウンジ












久しぶりに夜の出発です。


1番最後のフライトです。




イスタンブールには午前5時に到着予定です。















宜しかったらクリックを、是非、お願い致します…








今は登らなくなりましたが、過去に、登りツアーに同行した事があります。

に登る人は、サーダーさん、シェルパさん、ポーターさんにお願いすると思います。

彼らは日本語が出来る人も多い。

ニュースで、ヒマラヤで日本人が行方不明だと聞いた。

日本の方、サーダーさん、シェルパさん、ポーターさん、ご無事を祈ります。





過去のツアーの旅日記より抜粋します。


トレッキングのリーダーをサーダーさんという。
他に、シェルパさんは3人、テント生活の料理を作るコックさん3人。
料理を運ぶキッチンボーイさん2人、荷物を持つポーターさん7人が同行した。
ちなみに、お客さんは10人である。


何故、自分、このツアーに同行したかというと、自分の父が好きでした。
20歳位から、父と父のの友人とに登った。
当時は、父達と槍ヶ岳、穂高とか登った。




過去の旅日記より。

今日はルムレから、チャンドラコットまで約1時間のトレッキング。
村の中を通ったり、ほぼ平坦な道を歩いていく。

0 079





0 084



さあ~ここからがテント生活~




チャンドラコットに到着したら、スタッフがテントを作っていた。

3.jpg


寝る時は、各自で個室のテントで寝て、食事は一同大きいテントに集合して全員で食べる。
テントの中は寝袋と、枕と湯たんぽだけ。思ったより寒くなかった。
普通の冬服とダウン着て眠りにつく。着込んだせいか、今回は暑い位だった。
-20度まで耐えられる寝袋との事。
トイレは、寝てるテントより少しだけ離れた場所にある。
簡易トイレ(穴を掘り、周りをテントで覆う)
外灯はないので、トイレに行く時も懐中電灯が必要。
夜の5時半過ぎにはテント内は真っ暗になる。ランタンがあると良い。

16.jpg


コックさんが作ってくれた昼食。これにラーメンスープと、サラダと飲み物がつく。
どれも食べ放題で、何度もキッチンボーイがお代わりは?と聞いてくる。



夕食は午後6時から。
食後は、する事もなく、暗くてなにもできないので早く寝る。



ツアー5日目 12/12 気温朝0度、日中23度(TシャツでOK)


テント生活2日目の朝を迎えた。ここには電話なんてないからモーニングコールは
スタッフが、各テントに暖かいティーと洗面器を持ってきてくれる。それが起きる6時の合図。
洗面器には、お湯が入っていて顔を洗える。
テント生活では毎朝6時起床。7時、朝食。8時、出発。
お昼は正午。夕方4時にティータイム。午後6時が夕食と言う感じ。




左の白い高い山がアンナプルナ・サウス(7219m)
右の尖がった山が、マチャプチャレ(6993m)
マチャプチャレは「魚のしっぽ」という意味で、違う角度から見るとこのピークは2つに分かれ、
魚のしっぽのように見えるそう。フィッシュ・テールと英語でいう。


今日は、チャンドラコット(1563m)から、オーストリアン・キャンプ(2200m)まで歩く。
約6kmの上りが多い、少し辛い日。
今回の10名様は山登りが趣味な人が多く、楽勝で全員が目的地に行けたが
辛くて目的地に行かれず、戻る人も多いそう。
山の上りが多いが、こういう山を眺めながらのトレッキングになる。

64.jpg


マチャプチャレ(6993m)

6.jpg


ヒマラヤ

8.jpg


オーストリアン・キャンプ手前で昼食をとる。
これもコックさんが作ってくれた物。
画像にはないけど、他にも多くあった。みそ汁とか。
画像は、ティーモモ(マントウみたいなもの)。きゅうりのマヨサラダ。ツナ。などなど。

13_20071226051427.jpg



ようやく目的地のオーストリアン・キャンプに到着する。
赤い三角のがテント。テントは、もう設置してあった。

12.jpg


テントから見る景色。
アンナプルナ山群が絶景である。


この山はキラーマウンテンと言うそうだ。

18.jpg






ツアー6日目 12/13 気温0度~23度 晴れ

朝食を食べながら、朝日が見れる。

21.jpg



朝日と共に、山にも精気がでてきた。

24.jpg


28.jpg


みんなの泊まりの分の荷物を持ってくれるポーターさん。

23.jpg



とても、お世話になりました。

皆様、無事でありますように強く願います。



Fcブログランキングのボタンを、ポチッと…m(__)m
クリックをお願い致します (><)宜しくお願いします…